ネム(NEM) カタパルトのBisonアップデートと3つの主要機能とは?

アカウントプロパティ

アカウントプロパティは、スマートコントラクトと同様に、ブロックチェーンのアカウントができることとできないことを決定する「スマートルール」のセット。ユーザーはアカウントのプロパティを使用し、アドレスと取引種類、モザイクID(トークン)に基づいて取引を許可またはブロックすることができる。指定されたアドレスへ、特定のモザイク(トークン)の移動のみのトランザクションを許可することもできる。

アカウントプロパティ図
出典:NEM公式ブログより

マークル状態遷移証明

ビットコインに導入されているマークルは、作業証明の合意とブロックチェーンブロックアセンブリの中核を成す。マークルツリーは、ハッシュによってラベル付けされたノード構造で、2つのハッシュをハッシュ化し構築され、特定のハッシュが作成されるまでプロセスを繰り返す。各トランザクションは、マークルツリーの頂点からたどることができる。ブロックを要約するためにブロックヘッダーに含まれる。

マークルのメリットとして下記の3点が挙げられる。

  1. データセット内のトランザクションの存在を確認できる。
  2. 元帳全体が必要なく有効性を証明できる。
  3. データセットの残り部分を明らかにすることなくトランザクションの有効性を保証する。

「軽量クライアント」がブロックヘッダーだけをダウンロードすることで、トランザクションを迅速に認証して送信できる。(フルノードのようにトランザクション全体をダウンロードする必要はない。)

Bisonのアップデートではマークルの状態遷移証明を利用し、アカウント残高、ロックステータス、アカウントプロパティ、ネームスペース(NEMブロックチェーン内のドメインのようなもの)、モザイク(トークン)、マルチシグステートの変更も記録する。ライトクライアントは、トランザクション情報に加えて特定のブロック内の状態を迅速に確認できるため、効率的なスマートコントラクトや条件付きトランザクションが可能になる。

マークル
出典:NEM公式ブログより

キャッシュステートバッキング

フルノードによる参照と検索を容易にするためのブロックチェーン状態の効率的な格納が可能となる。Catapultの場合、ノードはネットワーク状態を高速で確認するためにRocksDBというデータベースにデータを格納。RAMから状態情報を取得する方が高速だが、RAMメモリ要件により、ノードに負荷がかかる。NEMネットワークが拡大を続けるには、RocksDBを使用してノードに必要なRAMを少なくするのが合理的。NEMブロックチェーンネットワークを維持するノードの要件を低くすることで、ノード数が増え、ネットワークの分散化が進んでいくことを目指すというもの。

キャッシュステートバッキング
出典:NEM公式ブログ

まとめと考察

NEM Catapultは、ブロックチェーンをより多くの場面で利用できるようにアップデートされていくように思う。複合トランザクションや条件付きのトランザクションが可能となったり、指定アドレスへのみモザイク(トークン)の送信が可能になるのは、ブロックチェーンを商用利用するにあたり使いやすくなるのではないだろうか。

例えば、お店での支払いに応じてお店独自のポイントをモザイクとして受け取る。このモザイクの受信は、支払いと同時にトランザクションが処理され、一瞬で受け取ることができる。また、溜まったポイント(モザイク)は、そのお店でのみ使用できるような条件付きとすることも可能となるかもしれない。そう考えると、NEMは商用利用に適したブロックチェーンであるようにも思う。

参考資料:https://coinchoice.net/nem-catapult-bison-update-3main-features/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。