流れが来てます!ダッシュ(DASH)、PoSシステム、Salamantexとの新規契約を締結、500店舗以上で成功!

1 

Dash(DASH)暗号通貨は、その戦略、特にパートナーシップに伴う新しい戦略を絶え間なく浸透させ続けているため、その採用戦略、つまり商人の採用はまだ捨て去られていません。

ダッシュ大使館として知られるDA-CHは、オーストリアのFintech企業であるSalamantexとの間で、ポイントオブセールスシステムによる暗号通貨の支払いシステムを専門とするパートナーシップを正式に締結しました。

DA-CHによると、この提携は、DashをSalamantexのCrypto Payment Terminal SX1801に統合することを目的としていました。

これまでのところ、サラマンテックスは12月のターミナルの発表以来、大規模な採用を目撃しており、オーストリアとマレーシアの500以上の店舗が暗号の受け入れを信頼しているレベルにまで達しています。

SalamantexのCEO、RenéPomasslは、モットーを「暗号支払いの簡単な方法」で開始し、同社の「目標は通常の店で暗号通貨で支払うための簡単なソリューションを作成すること」であると述べました。

Pomassl氏は、「この協力により、暗号通貨での支払いが非常に簡単な、支払いエコシステムの実現に向けて大きな一歩を踏み出しています」と付け加えました。

Crypto Payment Terminalは柔軟性があるため、非常に汎用性の高いユニークな施設とタグ付けされています。

暗号通貨の支払いとは別に、サラマンテックスの端末は追加のソフトウェアのインストールによるデビット/クレジットカードの支払いも受け付けます。

提供される利点に加えて、加盟店はSX1801を既存のPOSソフトウェアに簡単に統合でき、月末の簿記を簡単にすることができます。

Pomassl氏は別の声明で、「この機能により多くのトレーダーが暗号通貨の世界に参入することがはるかに容易になると思います」と述べました。

最高経営責任者(CEO)は、革新的なアイデアは中央ヨーロッパでより多くの暗号受け入れポイントを作成する必要性から生まれたと述べました。サラマンテックスは、暗号愛好家がレストラン、スーパーマーケットおよび他の日々の取引ポイントで代替の支払い手段を持つことを容易にします。

Dash Embassy DA-CHのCEO、Jan Heinrich Meyerは、次のように述べています。

「Salamantexのような企業は、現在疑われる多くの企業よりも、暗号通貨の採用が急速に進んでいることを確認するでしょう。」

Salamantexは、同社が取引プラットフォーム上でBitcoin、Dash、その他のコインを投入したことを明らかにした。 

参考資料:https://oracletimes.com/dash-dash-signs-new-deal-with-pos-system-salamantex-thrives-in-500-stores/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。