1秒あたりのトランザクション数でQTUMがリップルのXRPを上回る:Qtumブロックチェーンシステムが10,000 TPSを突破

1 

暗号市場で最も重要なプロジェクトの背後にあるブロックチェーン開発者は、さまざまな改良をもたらすために一生懸命働いています。

QtumXは、シンガポールのQtumチームによって開発されたブロックチェーンシステムで、最近のベンチマークテストで10k TPS以上達したことが明らかになりました。

dAppをより多くのケースに適用可能にする

この大規模なレベルでは、ブロックチェーントランザクションを解決するための高速で短い確認時間を達成するために、ブロックチェーン開発者がどのように作業しているかを垣間見ることができます。

QtumXはDailyHodl  を通じて、dAppをより多くのビジネスシナリオに適用できるようにすることに主眼を置いていることを発表しました。

一方、運用コストを削減するために、ストレージとネットワークの消費を最小限に抑えるつもりです。それはBitcoin UTXOデータ構造とEthereum Solidityスマートコントラクトと互換性があるQtumに基づいて開発されました。」

QtumXは証明書(PoA)を使用しており、彼らは次のように書いています。

「PoAでは、ラウンドロビン方式で新しいブロックを採掘する権限を与えられているのは一部の鉱山労働者だけです。これらの鉱山労働者は、比類のないブロックチェーンパフォーマンスを確保するために大容量のディスクと高速ネットワーク接続を要求することが多いため、「スーパーノード」とも呼ばれます。」

リップルの1500 TPS

Qtumによると、ベンチマークは約180秒間続き、QtumXは10,000 TPSを処理できます。

これまでのところ、Rippleは、XRPが最も速いトランザクション速度の1つと約1,500 TPS、および約4秒の決済時間を誇っていることを証明しました。

一方、Bitcoinはわずか7 TPSしか処理できませんが、LiquidやLightningネットワークなどのスケーリングおよび決済ソリューションが現在進行中であることを言及することも重要です。

EOSはトランザクション速度を35%向上させました

EOSは市場で最も速いプロトコルの1つを持つことを目指しているようです。

EOSの  開発者は、単にアップグレードEOSIOバージョン1.6.0を明らかにしました。これにより、トランザクション速度が35%向上します。

EOS開発チームはEOSIOの更新作業を終了し、更新されたソフトウェアを代表する準備が整いました。

同社は公式発表ですべてを説明した   

参考資料:https://oracletimes.com/qtum-surpasses-ripples-xrp-in-terms-of-transactions-per-second-qtum-blockchain-system-breaks-10000-tps/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。