ビットフューリー(Bitfury)がライトニングネットワークのプロダクトを続々とリリース

ビットフューリー(Bitfury)がライトニングネットワークのプロダクトを続々とリリース

主要なマイニングプールの一つでジョージアを拠点にする企業のビットフューリー(Bitfury)社が、ライトニングネットワーク(Lightning Network)関連のプロダクトを数多く発表しています。

Lightning Networkは、ビットコインのレイヤー2で最も開発が活発なプロトコルで、双方向のペイメントチャネルにより、ユーザーは即時決済が行えます。

Lightning Networkについては、過去のコラムでも紹介しています。
関連:ライトニングネットワーク(Lightning Network)を解説、2019年はさらなる進歩に期待

本コラムでは、Bitfury社がどのようなプロダクトを開発しているか紹介します。

ビットフューリー(Bitfury)のライトニングネットワーク関連プロダクト

Peach Wallet

Peach Walletイメージ
出典:Lightning Peach

BitfurryはLightning Networkのトランザクションが可能なウォレットをデスクトップ、モバイルの両方でリリースしています。
同ウォレットには以下の機能がついています。

  • Lightning Networkのトランザクションの送受信
  • オンチェーンのトランザクションの送受信
  • 請求書の作成
  • アドレスIDとhost IPを使用することによって、チャネルの作成
  • Preach Walletのユーザー同士でサブスクリプションの決済

Peach Public Node

Bitfury社はLightning Networkのハブの運用しています。
ユーザーは同社のハブを経由することで、流動性を享受することができ、円滑なLightning Networkのトランザクションを可能にしています。

Peach Commerce

Peach Commerceイメージ
出典:Lightning Peach

Peach Commerceは、ECサイト運営者向けの決済APIです。
EC業者は、このAPIを使用することで簡単にLightning Networkの決済を受け付けることができます。EC業者は、即時決済と安価な決済手数料の2つのメリットを得られます。

Peach Rust Node

Peach Rust Nodeイメージ
出典:github

Peach Rust Nodeは、Lightning Network NodeのRustでの実装です。
オープンソースで開発されています。

まとめ

以上が、Bitfury社が、現在リリースしているLightning Networkの主力プロダクトです。他にも開発しているプロダクトはあり、こちらのページから参照できます。

ウォレットやノード、ハブ運用、コマース向けのAPIと、Lghtning Networkのアプリケーションに必要なインフラストラクチャーを一つずつ準備している段階と言えるでしょう。2019年は、恐らく多くの企業がLightning Network関連の取り組みを開始するはずであり、Bitfury社は、一歩先の動きをしていると言えます。

関連
ライトニングネットワーク上のBTCとERC20トークンが世界初アトミックスワップ完了
将来Lightning Networkなどで出来るようになる事は?【HashHub イベントレポート】

参考
Lightning Peach


HashHubでは、ブロックチェーン業界の起業家・開発者・フリーランスのためのコワーキングスペースも運営をしています。
日々の仕事やイベント開催、人との繋がりなど、ブロックチェーン領域で仕事をする人にとっての最適な環境が整っています。
利用お問い合わせはHashHubへ。

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。