2019年に仮想通貨の採用が進む4つの産業予測

2019年に仮想通貨の採用が進む4つの産業予測

仮想通貨の支持者や投資家は、仮想通貨の採用が広がり、高まることを望んでいます。仮想通貨支持者は、そのテクノロジーが未だ初期の発展段階にあり、バブルとは無縁の健全な発展を遂げることを期待しています。

考えられる理想的な仮想通貨の世界とは、仮想通貨が国際通貨になり、さまざまな環境で仮想通貨の採用が実現することです。ここで紹介する4つの業界は、仮想通貨の役割が2018年に注目され、19年以降はさらに伸びると期待されている分野です。

アートとエンターテインメント業界で広がる仮想通貨

ライフスタイルやゲーム、ギャンブルを中心とするエンターテインメント産業は、仮想通貨が光を浴びる最も柔軟で適応性のある産業に1つでしょう。ちなみに仮想通貨トロン(TRX)は、娯楽産業の可能性を広げることを目的とする通貨です。

多くのユーザーは、仮想通貨の知識は映画やコメディーなどから取得されることが多いと語り、2014年ごろからエンターテインメント産業では仮想通貨の利用が広がり始めていました。

同様に、ビジュアルアートもまた、仮想通貨とのかかわりが飛躍的伸びる可能性を秘めています。ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルが描いた560万ドル(約6億円)相当の作品が、オークションを通じてビットコインで落札されたことは、その典型的な1例です。

仮想通貨で購入する高級品

仮想通貨を利用してぜいたくな品物を購入する方法は、2013年から注目され、現在も衰えません。当初、イタリアの高級車ランボルギーニを購入する際に仮想通貨で決済することが盛んになったことがありました。ランボルギーニは仮想通貨の富の象徴であり、驚くほどのことではなかったのでしょう。

スイスの腕時メーカーであるHublot(ウブロ)が2018年に、ビットコイン生誕10周年を記念して製造した2万5,000ドル(約270万円)の高級腕時計を発売し注目されました。

このような傾向は、19年にも間違いなく続きそうです。バイナンス(Binance)のジャオ・チャンポン(Zhao Changpeng)最高経営責任者(CEO)ですら、スイス高級時計ウブロの販売戦略を称賛して、いつかウブロがBinance BNBトークンのモデルを製作してくれる日が来てほしいと語ったことがあります。

仮想通貨に積極的なテクノロジー業界

2018年は、大手テクノロジー企業が仮想通貨に関する広告を禁止して始まり、一部の企業が独自のコインを開発する動きで終わったことから見て、テクノロジー企業が仮想通貨の有用性を受け入れていることは間違いありません。

このような成長は19年になって、より多くのテクノロジー企業が仮想通貨に目を向けることで確かなものになります。18年の特筆される動向の1つは、仮想通貨を通じて技術製品を購入する動きでした。HTCがブロックチェーン技術を搭載したスマホ「Exodus 1」を発表したのもその1例です。

Exodus 1にはさらに、仮想通貨を保存するウォレットの「シオン(Zion)」が搭載されただけでなく、現金での購入はできず、ビットコインとイーサリアムライトコインでの支払いが可能です。

スポーツが仮想通貨の発展を促進

スポーツはデジタル技術にとって最も利益の上がる力強い産業の1つであるにしても、仮想通貨とスポーツの関係の大部分はギャンブルに限られており、多くの仮想通貨ユーザーを取り込む最善の道ではないでしょう。

しかし、取引所とトークンが仮想通貨とスポーツの間の溝を埋めるのにますます深く関わることになれば、スポーツ業界が2019年の仮想通貨業界を発展させることになりそうです。

仮想通貨トロン(Tron)の創業者ジャスティン・サン(Justin Sun)氏は最近、ブロックチェーンサミット「ナイトロンサミット2019(niTROn Summit 2019)」に元NBAのスター選手のコービー・ブライアント(Kobe Bryant)氏を特別ゲストとして招き、トロンとバスケットボールの融合の噂が広がりました。また、ライトコイン財団(Litecoin Foundation)は2018年12月、アメリカの総合格闘技アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)のスポンサーになることを発表しています。

これら4業界が、仮想通貨の適応の道を進むことになれば、多様性は単なる神話にとどまらず、仮想通貨の普及を実証するかもしれません。

仮想通貨時価総額TOP20

関連
2019年のブロックチェーン業界予想: Fat Protocols”のみ”時代の終焉
2019年のビットコイン(BTC)はどうなる!?業界人の価格予想まとめ

参考
ZyCrypto

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。