ネム(NEM)カタパルトのCowアップデート、その内容と機能とは?

ネム(NEM)カタパルト のCowアップデート、その内容と機能とは?

ネム(NEM) CatapultにてCowというサーバーリリースマイルストーンのアップデートが公開された。それに伴い、いくつかシステムが変更されると同時に新しい機能も追加される。Cowに含まれる機能はどのように使われるのだろうか。

ネム(NEM/XEM)のリアルタイムチャート

今回のアップデートによって追加される機能

NEMのサーバーマイルストーンは、BisonとCow、Dragonの3つで構成されている。すべて機能が異なり、今回のCowの変更は、アカウントやモザイクにサブネームスペース(ドメインのようなもの)を添付することを可能にするエイリアスで構成され、人間にとって読みやすく、区別しやすくなる。さらに取引アカウントのエイリアスをアドレスとして使用することもできる。

また、バックグラウンドでの条件変更により複雑なトランザクションが可能となり、そのレシートは隠されたすべての変更の証拠を提供するものとなる。

そのほかにCowの更新された機能として、クロスチェーンスワップや料金改善、ハーベスト、シリアル化などが含まれる。また、ネームスペース(ドメインのようなもの)と紐付いていたモザイクの分離がある。

マイルストーンと機能

Bison アカウントフィルタ
RockDB状態保持
マークルツリー
Cow クロスチェーンスワップ
手数料改善
レシート
ネームスペースとモザイクの分離
ハーベスト機能の強化
Eigentrust++に変わるノード評価
Dragon 新しいハーベスト機能

アカウントフィルタ

アカウントの所有者は特定のトランザクションをブロックできる。あらかじめ定義されたモザイク(トークン)のみを受け入れるようにすることもでき、定義されていないモザイク(トークン)が含まれるトランザクションは失敗となる。特定のモザイクやアドレス、あるトランザクションから発信されたものに対して、ホワイトもしくはブラックリストに設定できる。

エイリアス

エイリアスの使用により、ネームスペースをアカウントまたはモザイクと紐づけられる。人間にとって読みやすく区別しやすくなる。トランザクション送信時にアカウントのエイリアスをアドレスとして使用することができる。

クロスチェーンスワップ

異なるブロックチェーン間でトークンを交換できるようにする機能。第三者を経由せず、直接的に異なる暗号通貨を直接交換することができる。今回の更新では、他のブロックチェーンとの互換性を高めるために、新たなアルゴリズムが追加された。

更新前 SHA3-256
更新後 SHA3-256
Keccak-256(ETH互換)
Op_Hash_160(BTC互換)
Op_Hash_256(BTC互換)

レシート

バックグラウンドの条件変更により、複雑なトランザクションが可能となる。ロックされた資金が自動的に口座に返却されると、追加の取引は記録されない。よって、アカウントの残高を増やす変更として表示されることがある。レシートは、これらのすべての変更の証拠を提供する。

モザイクとネームスペースの分離

これまで、モザイク(トークン)は特定のネームスペース(ドメインのようなもの)に置かれており、ネームスペースを更新しないと期限切れで使用できなくなっていた。モザイクとネームスペースを分離することで、期限切れで使用できなくなるモザイクがなくなり、モザイク単体(ネームスペースに置かれることなく)で存在することができる。

ハーベスト機能の強化

プライマリーチェーンとは別なモザイク(トークン)をハーベスト通貨として設定できる。
プライベートネットワークのカスタマイズや新しい経済モデルのカスタマイズが可能となる。

ノード評価

パブリックネットワークでは、誰でもノードを実行できる。そのなかで、ネットワークを妨害するようなノードを実行しようとする可能性もある。ノードがリモートピア接続すると、ノードはリモートへの信頼を増やす。ノードは要求されたデータを処理したあとに信頼カウンタを適宜更新する。

ネム(NEM)のブロックチェーンの今後は?

今回の更新で、NEMのブロックチェーンがより複雑な場面で使用できるようなものへと進んでいることが分かる。特に商業利用に使われることを想定した更新となっていると考えられる。

NEMブロックチェーン上のモザイク(トークン)は、ブロックチェーンのなかのサブアセットという感覚から、より表面に露出したものとなるのではないだろうか。現在では、NEMのモザイクであるXEMが歯車のようなものとして使用されているが、ネームスペースからモザイクが分離されることと、モザイクをハーベスト通貨として設定できることで、特定のモザイクを用いた経済を生み出すことも可能となる。

されに言えば、クロスチェーンやアグリゲートトランザクションの複合により、モザイクAとモザイクBや他チェーン通貨との相互交換も容易になる。ただ、どんなに優れた技術も、人が操作できないと普及は難しい。この仕組みを簡単に扱えるサードパーティアプリケーションやインターフェースデザインなども開発する人材も重要であるように思う。

ネム(NEM/XEM)の価格・相場・チャート

関連
歩いてコインを獲得できる!ネム(NEM)利用のアプリ「FiFiC」β版がリリース
ネム(NEM)のブロックチェーンハブがバンコクにもオープン、拡大するコミュニティ

参考
Medium-NEM

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。