イーロンマスク 氏「仮想通貨は紙幣(法定通貨)の地位を奪う」と将来性を発言

アメリカの電気自動車テスラのCEOである「イーロンマスク(Elon Musk)」が仮想通貨(暗号資産)の今後の将来性について「仮想通貨(ビットコイン)は紙幣の地位を奪う」とポッドキャストで発言をしました。

イーロンマスク氏は世界的なインフルエンサーとして発言に影響力があり、これまでビットコインやイーサリアムについて発言もありますがが、より具体的な仮想通貨の発言をしたことで大きな注目を集めています。

実は「金持ち父さん貧乏父さん」の著者である「ローバートキヨサキ氏」も以前、イーロンマスク氏と同じように「仮想通貨はドルにとって変わる。仮想通貨は人々の通貨となる」と発言をしています。

 

イーロンマスク氏とは

イーロン・リーヴ・マスク(Elon Reeve Musk, 1971年6月28日 – )は、南アフリカ共和国・プレトリア出身のアメリカの実業家、投資家、エンジニアである。スペースX社の共同設立者およびCEOテスラの共同設立者およびCEO、テスラの子会社であるソーラーシティの会長を務める。

2016年12月、フォーブスの世界で最も影響力のある人物ランキング21位に選出された。PayPal社の前身であるX.com社を1999年に設立した人物でもある。ーウィキペディア

イーロンマスクの大きな業績と言われいるのが

  • 世界的な決済システム会社のPaypalの前身の会社で創業
  • 世界初で民間のスペースシャトルの打ち上げに成功したスペースX社の社長
  • 世界的電気自動車のテスラの社長

となります。

これらの業績から今後歴に残る名前となるのは間違えないと思います。

イーロンマスク氏が仮想通貨の将来性について言及

https://platform.twitter.com/widgets.js

ビットコインの構造は極めて素晴らしいと思うよ。テスラがリソースを使って仮想通貨で何かすることはないと思うが(中略)資本統制を迂回できるからね。仮想通貨は紙幣より価値移転手段として優れている。それは間違いないよ」 

イーロンマスクが今回のように仮想通貨の将来性を発言したことは始めてとなっています。

彼の発言の中で「資本統制を迂回できる」と発言した理由については、ビットコインをはじめとした仮想通貨がブロックチェーンという仕組みで成り立っており、管理者がいない状況で個人間でのやり取りができるシステムになっているからです。

通常他の人にお金を送金しようとした場合に銀行を通じた銀行送金を行います。1000円の海外送金でも実際にかかる手数料は数千円。

ビットコインは直接個人に国内送金並みの手数料で送金が可能。しかも24時間365日で30分以内に相手に送金完了する。

以前イーロンマスク氏の偽物がツイッターでイーサリアム について発言をしていた。

イーロンマスク氏の仮想通貨についての話題の一つに、以前ツイッターでイーロンマスク氏の偽アカウント(誰かがイーロンマスクになりすましている)が「40億円分の仮想通貨をプレゼントする」とウェブサイトに誘導し、イーサリアム を盗んでいたことが判明した。

イーロンマスク氏のイーサリアムについての最初発言が偽アカウントの発言だった頃から、イーサリアム の開発者も落胆していたといます。

しかしながら、本物のイーロンマスク氏はこの騒動を受けて以下のようにコメントしました。

https://platform.twitter.com/widgets.js
イーロンマスク:「この事件について、もし詐欺だったとしてもETH(イーサリアム)が欲しい

と発言をしています。

当時イーロンマスク氏がどの程度までイーサリアム について知っていたのかは定かではありませんが、影響力がある人として情報としてイーサリアム のことは知っていることは推測ができます。

(参考)ロバートキヨサキ氏も同様に仮想通貨の将来性について発言

https://platform.twitter.com/widgets.js
実は今回のイーロンマスク氏の発言と同じ意味の発言を、以前ロバートキヨサキ氏も行なっていました。

ローバートキヨサキ氏は世界的ベストセラーである「金持ち父さん貧乏父さん」の著者です。

https://platform.twitter.com/widgets.js

世界的なベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏は、米ドルはスキャムであると述べ、ビットコインやその他の仮想通貨は「人々の通貨」であるとし、米ドルより長生きすると宣言した。CCNが13日伝えた。

 

まとめ

イーロンマスク氏がこのように発言した背景の一つとして、金融危機に陥っているベネズエラやアルゼンチンの国民が自国の通貨を手放し、ビットコインを購入しているという現状があります。

ビットコインのようにどこの国にも属さない「世界的な通貨というものはこれまでのありませんでした。(資産としての金はあります。)

世界がグローバルになり、自分の資産として持つものとして、管理されていない仮想通貨(暗号資産)が今後ますます影響力を持ってくるものと思われます。

 

 

Source: 仮想通貨の投資方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。