下位PoWブロックチェーンのリスク、ライトコインなどはビットコインにはない価値を見出すことが必要

下位PoWブロックチェーンのリスク、ライトコインなどはビットコインにはない価値を見出すことが必要

下位PoWブロックチェーンのリスク

今年は、Proof-of-Work(プルーフ・オブ・ワーク/以下PoW)のコンセンサスアルゴリズムを用いた下位ブロックチェーンには苦しい年になるのではないかという予想が多いです。

2019年の年明け早々にイーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)がBlock withholding attackによって、ブロックが巻き戻ったことは周知の通りです。このようにハッシュレートが十分ではないPoWのブロックチェーンは、外部市場からハッシュレートを一時的に調達をされて、攻撃に用いられるリスクがあります。

関連:イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)が51%攻撃受ける、PoS vs PoWの論争を再考

今年、このような攻撃にさらされるブロックチェーンは多く存在することが予想されます。具体的には、SHA256のアルゴリズムを採用していながら、ビットコイン(BTC)よりハッシュレートが引き離されているブロックチェーン(ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインSV)、GPUで採掘できる下位コインは、攻撃可能性が高いと言えます。

これは、上述したようにハッシュレートを外部市場で調達して、Block withholding attackがしやすいためです。

米国の著名ファンド、特にライトコインに強いベア予想

米国の著名ファンドのマルチコイン・キャピタル(Multicoin Capital)は、その中でも特にライトコイン(LTC)に強いベア予想をしています。

参照:DEBUNKING MARKET NARRATIVES: LITECOIN ($LTC) EDITION

彼らがライトコインにネガティブな理由は下記の通りです。

(1)ライトコインの強みの一つは米国最大の取引所コインベース(Coinbase)に上場されていていることだったが、今後コインベースの新規上場ペースが加速して、その強みはライトコイン固有のものではなくなる

(2)ビットコインの利便性がセグウィット(SegWit)とライトニングネットワーク(Lightning Network)のアダプションによって高まり、ライトコインの需要が減少する

(3)ライトニングネットワークがペイメントレイヤーとして実用化され、ビットコインはSoV(価値の保存)、ライトコインはMoE(交換媒体)という棲み分けができなくなる

(4)ライトコインには将来が明るい開発ロードマップがない

(5)需要がないにも関わらず、マイナーは継続的に採掘したライトコインを売却する

(6)マイニング企業大手のビットメイン(Bitmain)はライトコインを100万枚保有しており、同社の経営状態は苦難にあり同社による売り圧力がある

以上が、マルチコイン・キャピタル(Multicoin Capital)がライトコインの将来性は明るくないと考えている理由です。なお、同ファンドはライトコインをショートしていることも開示しています。最近は年間報告書も出しており、これに関しては筆者が別のレポートで解説をしています。

参照:著名クリプトファンドのMulticoin Capitalの2018年の年間報告書を読む

同ファンドによるライトコインの明るくない将来予想は、他のPoWブロックチェーンにも当てはまるものが多いです。通貨型のPoWのブロックチェーンはビットコインにはない価値を見出すこととが急務であり、加えてハッシュレートが低いブロックチェーンはセキュリティをどのように獲得していくかが必要と言えます。

関連
2019年に立ち上がる暗号通貨のインカムマーケット、PoSに関連する市場
暗号通貨の相場はすでに機関投資家のOTC取引が主戦場である、という個人投資家が認識すべき事実


HashHubでは、ブロックチェーン業界の起業家・開発者・フリーランスのためのコワーキングスペースも運営をしています。日々の仕事やイベント開催、人との繋がりなど、ブロックチェーン領域で仕事をする人にとっての最適な環境が整っています。利用お問い合わせはHashHubへ。


Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。