日本のマネロンの%は暗号資産を利用!

1 

ほとんどの場合、銀行やクレジットカード会社が関係しています

日本で報告された暗号通貨に関連したマネーロンダリングの疑いのある事例の数は昨年7,000を超えたとジャパンタイムズは報じ、国家警察庁を引用した。この数字は、暗号交換事業者が違法資金の移動に関連する可能性のある疑わしい取引を報告する義務を負った2017年の4月から12月の間に登録された669件の訴訟と比較して10倍の増加を表しています。

暗号通貨が日本のマネーロンダリング事例全体の2%未満を占める

日本の警察は、場合によっては、名前や生年月日が異なるユーザーが同じ身分証明書を共有していると述べました。自分のアカウントに日本語の住所を入力しているにもかかわらず、外国の管轄区域からログインする人もいます。

2018年だけで、417,465件のマネーロンダリングの疑いやその他の虐待が日本の法執行機関に報告されました。それは前年よりも17000以上のケースです。

ただし、これらの訴訟の大部分は、銀行およびその他の金融機関(346,014の報告書)とクレジットカード会社15,114から構成されています。つまり、暗号通貨に関連するケース(正確な数は7,096)は、全体の1.7パーセント未満です。

データ分析の専門家を訓練するための日本の警察

警察庁は、不審取引の増加に対応して措置を講じる予定です。イニシアチブの1つは財務データ分析の専門家の訓練を含みます。違法取引を検出するために人工知能技術が使用されることがあります。これらのシステムは、マネーロンダリングやその他の不正取引に関連するパターンを認識するように教えることができます。

暗号通貨が日本のマネーロンダリング事例全体の2%未満を占める

ジャパンタイムズは、この国では近年、いくつかの大規模な暗号通貨の強盗も見ていることを指摘しています。これらは山を含みます。2014年にGoxがハッキングしたのは、4億3300万ドル相当の暗号通貨がデジタル資産交換から盗まれたためです。昨年1月の日本の為替Coincheckに対する別の攻撃で、暗号通貨の約5億5000万ドルが失われました。

このようなケースが、日本の金融サービス庁が、国内統制を改善するために国内に拠点を置くいくつかの暗号取引プラットフォームを注文することを決定した主な理由でした。規制当局はまた、マネーロンダリングに対する予防策の導入を求めた。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/cryptocurrency-accounts-for-less-than-2-of-all-japanese-money-laundering-cases/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。