Coinbase.comとCoinbase Walletがステラをサポート!

2 

アメリカを代表する暗号通貨の交換Coinbase.comの小売プラットフォームは、ついにステラのネイティブトークンStellar Lumens [XLM]の取引を可能にしました。さらに、Stellarは、iOSとAndroidの両方のプラットフォームで、Coinbaseモバイルアプリケーションのストレージとして利用できるようになります。

3月18 日の発表で、CoinbaseはMediumブログに次のように書いています、

「今日からCoinbaseは、Coinbase.comおよびCoinbaseのAndroidおよびiOSアプリケーションでStellar Lumens(XLM)をサポートしています。コインベースのお客様は、XLMを購入、販売、変換、送信、受信、または保管できるようになりました。」

CoinbaseがプロのプラットフォームCoinbase.Pro 同じ資産の入金を有効にした後、Coinbase.comの取引所にStellar’s Lumensが上場したのはそのわずか1週間後のことです。先週の月曜日に、コインベースは流動性対策が行われるまで少なくとも12時間XLMの預金を有効にしました。つまり、コインベースの基準に従って適切な量の流動性が達成されれば、交換と引き出しも可能になります。

XLMは、プロフェッショナルプラットフォームでのXLMの取引に関する契約条件と同様に、ニューヨーク州およびイギリスを拠点とするCoinbase.comユーザーの取引にも使用できません。ただし、プロプラットフォームに存在していた流動性条件とは異なり、Coinbase.comに資産をリストするための預金期間はありませんでした。

発表に至るまで、XLMの取引量と価格の上昇は顕著でしたが、これはインサイダー取引の場合にのみ起こり得る現象です。しかしながら、これまでのCoinbase従業員のインサイダー取引の罪で非難されていた、最も顕著なのは2017年の強気相場でのBitcoin Cashスキャンダルで、これは特に暗号の現場では証明するのが難しいです。

昨日の3月18日には、IBM がStellar Protocolに基づくWorld Wire支払いネットワークの立ち上げを発表しました。発表の一環として、IBMは、6つの銀行がStellarプラットフォームをベースにした地元のフィアットベースの安定コインを発売するという意向書にすでに署名していることを明らかにしました。5つの銀行の身元は明らかにされていないが、フィリピンに拠点を置くRCBC銀行は6つの銀行のうちの1つであることを認めた。

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/coinbase-com-and-coinbase-wallets-add-support-for-stellar-lumens-xlm/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。