日本は2つの新しい暗号交換を承認!海外で話題に!

興味のある140社以上、2社はこれまでに承認

金融庁(FSA)は今週2つの新しい暗号通貨交換の申請を承認しました。1つは楽天財布から、もう1つはデカーレットからです。

金融庁はもっぱらnews.Bitcoin.comに語った。

日本における仮想通貨事業者としての市場参入に関心を表明している事業体の数(登録に関する予備的な協議/照会を含む)は、昨年3月以来140を超えています。

日本は2つの新しい暗号交換を承認します -  140

規制当局はさらに、「FSAが実際にアンケートを受けた23の事業体のうち、7つの事業体が今年3月現在で主な評価プロセスに入っている」と述べた。7つのうちRakuten WalletとDecurretのみが登録されている。

FSAはまたnews.Bitcoin.comに、「主要な評価プロセスから暗号資産ブローカーディーラーとしての登録までに必要な手続きを完了するまでに約6か月かかりました」と述べました。 。

楽天財布

FSAの発表を受けて、楽天は100%子会社の楽天ウォレットが「仮想通貨両替サービスプロバイダー」として登録されたことを確認するための火曜日のプレスリリースを発表した。楽天グループは30カ国で70以上のインターネットおよびフィンテックサービスを提供世界中で約13億人の会員を擁する地域および地域で、そのWebサイトは主張しています。発表は説明する:

商号を「Everybody’s Bitcoin Inc.」から変更しました。楽天財布へようこそ」2019年3月1日に、そして3月の終わりに現在のサービスを停止します。ユーザーは4月から新しいサービスの新しいアカウントを開くことができます。

日本は2つの新しい暗号交換を承認します -  140

2016年12月15日に設立された、みんなのBitcoinは2017年3月30日に暗号交換サービスを開始しました。同社は同年9月7日にFSAへの登録を申請しましたが、今まで承認されませんでした。楽天は、規制当局は、その申請が審査されている間、取引所が「みなし仮想通貨両替サービスプロバイダー」として運営することを許可したと述べた。

昨年4月25日、みんなのビットコイン金融庁から業務改善命令を受け、その管理システムの再構築を進めました。楽天株式会社、昨年8月に証券取引所の買収を発表しました。金融庁のウェブサイト上の情報によると、新しい楽天財布取引所はBCH、BTC、ETHの取引を提供します。

デカレット

Startup Decurretは12日、暗号交換サービスプロバイダとしての登録を完了し、ビジネスへの扉を開いていると発表した。昨年1月に設立された東京を拠点とする同社は、「セキュリティと便利さを兼ね備えたデジタル通貨取引の標準である「デジタル通貨メインバンク」を目指しています」と同社のウェブサイトは述べています。

日本は2つの新しい暗号交換を承認します -  140

FSAのウェブサイトの登録情報によると、デカーレットはBCH、BTC、ETH、LTC、およびXRPをサポートします。iOSとAndroid用のウォレットとエクスチェンジのアプリが開発中で、同社は次のように書いています。

私たちは、デジタ2
ル通貨の交換、送信、受信、保管ができるサービスを提供できるようにするシステムを構築しました。

参考資料:https://news.bitcoin.com/japan-approves-new-crypto-exchanges-140-more-interested/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。