ディーカレットとは?〜仮想通貨取引所の評判と特徴について

ディーカレット(Decurret)は2019年3月に仮想通貨交換業として金融庁から認可を受けた仮想通貨取引所になります。

ディーカレットは、通常の取引所のようにビットコインやリップルを買うことができますが、特徴的なことは日本の大企業が出資をしていることになります。

つまりそれらの大企業は今後仮想通貨を使ったサービスなどを提供する可能性もあり、そういった場合にディーカレットと提携したり、さらに影響力が高まることになるかもしれません。

すでにディーカレットに出資しているJR東日本はあのスイカ(SUICA)仮想通貨でチャージができる機能を検討していることもあり、ディーカレットは今後ますます影響力を強めていくと思われます。

ディーカレット取引所の概要について

会社概要

名称 株式会社ディーカレット
所在地 東京都千代田区富士見2-10-2
設立 2018年1月
資本金 52.3億円(資本準備金含む)
役員 ・代表取締役社長 時田一広

・取締役 齋藤崇吉

・取締役(非常勤) 鈴木 幸一 (IIJ代表取締役会長)

・取締役(非常勤) 勝 栄二郎 (IIJ代表取締役社長)

・取締役(非常勤) 渡井 昭久 (IIJ常務取締役CFO)

・取締役(社外)  近藤 章 (前国際協力銀行総裁)

事業内容 デジタル通貨の取引・決済を担う金融サービス事業

 

ディーカレットの資本金は52億と非常に高い資本金となっています。ビットフライヤー やビットポイントが40億円程度なので、通常の仮想通貨取引所よりも高い水準にあると言えます。

ディーカレットに出資している大企業がすごい

ディーカレットのビジョンに賛同し、出資している有名企業は以下の通りです。

DeCurretの協賛企業
株式会社インターネットイニシアティブ
第一生命保険株式会社
伊藤忠商事株式会社
株式会社QTnet
株式会社ケイ・オブティコム
SOMPOホールディングス株式会社
株式会社大和証券グループ本社
東京海上日動火災保険株式会社
日本生命保険相互会社
野村ホールディングス株式会社
東日本旅客機鉄道株式会社
株式会社ビックカメラ
三井住友海上火災保険株式会社
株式会社三井住友銀行
三井不動産株式会社
株式会社三菱UFJ銀行
ヤマトホールディングス株式会社
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
株式会社電通

出典:Decurret

 

具体的には上記に挙げた表を見て頂けるとわかりますが、どの企業もどこかで耳にしたことのあるような名前ばかりです。

つまり、構想段階のロードマップも実現する可能性が高いです。

というのも、どの企業も事業の一環として投資しているわけですから、それなりのリターンが見込めると判断して投資していると考えられます。

ディーカレットで取引できる仮想通貨は。

ディーカレット内で利用できる仮想通貨は、現段階で分かっているので以下の4銘柄です。

ここにタイトルを入力

・BTC(ビットコイン)

・BCH(ビットコインキャッシュ)

・LTC(ライトコイン)

・XRP(リップル)

ETC(イーサリアム)については取引開始後の約2ヵ月~3ヵ月後に実装を予定しているようです。

ディーカレットの特徴

ディーカレトでは仮想通貨買って保有するだけでなく、既存の様々なサービスに活用できるようにサービスを展開していく予定としています。

仮想通貨を証券として取引(不動産など)できるようなものにも将来的に対応していくのではないかと考えられます。

ヨリコ
ヨリコ
規制の中で仮想通貨を証券として資金調達する方法をSTOと言っているわ。

2019年からSTOについてより具体的な議論が進んでいくと思うわ。

仮想通貨を利用して電子マネーにチャージできる

まず一番先に特徴として挙げられるのが、仮想通貨で電子マネーにチャージできるという点ではないでしょうか?

まだ予定段階ではありますが、代表取締役の時田氏はスイカを含む複数の電子マネーに仮想通貨でチャージできるサービス提供を検討していると語っていました。

もし実現したとなれば、国内初のサービスとなり、世間の注目を集めることになりそうです。

デジタル化されたさまざまな資産の交換の場を提供する「価値交換プラットフォーム」

ディーカレットが公表しているロードマップによると、最終的には「価値交換プラットフォーム」の場を提供したいと考えているようです。

具体的にはディーカレットを通して、製品や素材、エネルギー、不動産など金融価値のあるものをトークン同士で交換できる場を目指すと書いています。

IIJが提供しているシステムを利用した処理能力の高い決済システム

IIJが大手企業に提供しているのと同じシステムを導入しており、取引量や相場の急変動が起きたとしても安定した取引の場を提供できることから、処理性能が高いのも特徴の1つです。

公式ページ

 

ディーカレットの評判について

質問者
質問者
ディーカレットの契約の画面では特にリップルについて詳しく説明がされていて、熱い想いが伝わってくる。

 

質問者
質問者
4月16日 ディーカレット 取引開始(3/27 申し込み開始)

 

質問者
質問者
今回金融庁の仮想通貨交換業の認可をうけたディーカレットは、国内の大企業が出資する取引所でした。 大和証券、伊藤忠商事、JR東日本、三井住友銀行、第一生命など。 これは何かの予感がする

 

質問者
質問者
未知の世界は、ドキドキですよね 日本は、楽天・Yahoo!・ディーカレット(JR、銀行、保険会社、大手企業等出資会社)の仮想通貨取引所がオープンします! Suicaに仮想通貨をチャージできるかもしれません(まだ検討段階)。

現在のディーカレットのサービスについて〜サービス展開はこれから

ディーカレットについては2019年4月現在、4月中のサービス提供に向けて登録者を募集している状況です。

取引通貨もまだ少なめということもあり、本格的に取引する場合には他の取引所を使った方が現状としてはいいでしょう。

将来的にディーカレットが仮想通貨のサービスを拡充するようになった場合に使い勝手が広がりそうです。

ケイシ
ケイシ
現在国内で取引できる仮想通貨は規制によりだいたい決まっていますが、取引所によって、手数料の違い、取り扱い通貨が違うためまずは実績がある既存の取引所で仮想通貨取引をすることがオススメです。

 

 

 

 

Source: 仮想通貨の投資方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。