仮想通貨Crypto.com(モナコ・MCO)の将来性と購入可能な取引所について

Crypto.com(通貨単位MCO)は以前モナココイン(MONACO)と仮想通貨でしたが、2018年にリブランドして新しくCrypto.com(クリプトドットコム)になりました。

Crypto.comはアジア圏を中心に仮想通貨のデビットカードを普及させるプロジェクトを行なっています。

すでにクレジットカード会社大手のVISA(シンガポール)と提携をしており、VISA使える店舗では、Crypto.comのカードを使うことで仮想通貨支払いができるようになります。

特にCrypto.comの仮想通貨アプリでは仮想通貨の保管の他にも、支払いシステムやCROトークンのエアードロップ(無料配布)を受けたりとメリットが大きいためオススメのウォレットと言えます。

Crypto.com(旧モナコ)について

通貨名 Crypto.com(旧MONACO)
通貨単位 MCO
発行上限 31,587,682 MCO
発行日 2017年5月
本社 シンガポール
プロジェクト 仮想通貨デビットカードのサービス提供

 

Crypto.comは当初2017年5月にモナココインという名前でリリースされました。

私はICOの時から参加をしていましたが、リリース後に一気に6倍の値上がりを記録するなど当初から注目を集めていました。

Crypto.com(MCO)の現在価格について

https://files.coinmarketcap.com/static/widget/currency.js

 

Crypto.comの現在の価格は上の通りです。

これまでのCrypto.comの価格は

2017年5月 2018年1月 2019年1月
240円 1600円 260円

となっています。

Crypto.comの特徴ついて

Crypto.comは仮想通貨のデビットカードで、

  • カードを使った仮想通貨支払い
  • ATMでデビットカードを使った現金の引き出し
  • 多くの仮想通貨でチャージが可能

が特徴となっています。

 

Crypto.comのデビットカードの特徴について

MCOロックアップ キャッシュバック 空港ラウンジ 月間引出し手数料無料金額 月間の現金引き出し可能額
1% 200ドル 2000ドル
50 25% 400ドル 4000ドル
500 3% 600ドル 10000ドル
5000 4% 800ドル 20000ドル
50000 5% 1000ドル 無制限

 

このようにCrypto.comのカードにはカードごとにサービスが違っています。

MCOロックアップ・・・MCO通貨をウォレットに預けておく必要がある。上の表の通貨量を保持している場合にはデビットカードの発行が受けられる。

デビットカードの使用・・VISA対応店舗でデビットカードを使用すると上記の%がキャッシュバックされる。

ATMでの引き出し・・VISAに対応したATMでは現金の引き出しが可能。仮想通貨を保有していると、その仮想通貨を現金に自動で現金に交換してくれて、日本円が引き出せる。

Crypto.comの日本への対応はまだ

将来的にはCrypto.comが日本で使用できるように予定をしていますが、現段階では日本での使用のサービスは行なっていないようです。

Crypto.comのアプリについて

 

Crypto.com Wallet & Card App

Crypto.com Wallet & Card App
開発元:MCO Technology GmbH
無料
posted withアプリーチ

 

Crypto.comアプリは現在

  • iPhoneのApp Store
  • androidのグーグルストア

の両方でダウンロードが可能です。

MCOトークンはERC20トークンなのでマイイーサウォレットでも保管可能です。ですが、エアードロップやデビットカードのサービスを考えるとCrypto.comのアプリがオススメと言えます。

 

仮想通貨が保管できる。

Crypto.comのアプリでは対応した仮想通貨の保管が可能です。

現在のところは

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • Crypto.com(MCO)
  • CRO
  • ライトコイン
  • バイナンスコイン
  • USDM(ステーブルコイン)

の保管が可能です。

Crypto.comのカードをアプリで使う

Crypto.comのデビットカードはアプリで

注文またはアプリで使用

することが可能です。

アプリの「CARD」をクリックするとカードの種類を選ぶことができます。

 

上のようにカードごとにMCO通貨を預け入れる数量が決まっています。

ちなみに上のルビーカードでは

  • 50MCOを預け入れる必要がある。
  • 預け入れ期間は6ヶ月(180日)

となっています。

CROがもらえるエアードロップは必見!

エアードロップとは無料で仮想通貨を配布することを言います。

Crypto.comではMCOトークンをアプリ上で保管することによりCROという仮想通貨が保管料ごとに毎月配布されることになっています。

 

上の図ではCROトークンが無料で配布された履歴になります。

今回のエアードロップでは

MCO保有量・・・500MCO(約20万円)

CRO配布量・・・2630CRO(約1万5千円)

と約7%ものトークン配布を受けています。

7%のトークン配布ですが、もし将来的にCROが値上がりしたら、MCOをアプリウォレットに預けて置くだけで大きな資産になるかもしれません。

Crypto.comが購入できる取引所

Crypto.comの仮想通貨MCOが買える取引所は多くの取引所に対応していますが、特におすすめなのは世界最大の取引所であるバイナンスになります。

・取り扱い仮想通貨が最大級

・手数料が安い。

・多くの日本人ユーザーがいる。

というのがバイナンスを使うメリットです。

バイナンスを持っていれば多くの通貨を購入することができるのでたくさんの海外取引所を使い分ける必要はありません。

公式ページ

 

バイナンスは世界最大の取引所であり人気のある取引所です。なので詐欺サイトであるフィッシングサイトも確認されています。 なので、上のボタンからバイナンスに進んだ場合には必ずブックマークをして次回からブックマークからアクセスするのがオススメです。

 

 

Source: 仮想通貨の投資方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。