クリプトファンドがトークン投資に強気、2019年3−4月のトークン投資の大型ディール

クリプトファンドがトークン投資に強気、2019年3−4月のトークン投資の大型ディール

下記のコラムでは、一部のクリプトファンドがエクイティ投資だけでなく、トークン投資に活発になりつつあることを解説しました。

関連:今、なぜトークン設計を分析して、投資判断をするべきなのか?

2019年前半現在、(優れた設計の)トークンモデルの探求と見直しが行われている段階にあると言えます。今回紹介する3つのディールは、3月後半から4月初旬に実行されたトークン建てでのディールです。

クリプトファンドから資金を集めた3つのプロジェクト

セロ(Celo)

ステーブルコインのプロジェクトであるセロ(Celo)は4月3日、2,500万ドル(約27億8,000万円)の調達を発表しました。a16z cryproは1,500万ドル、Polychain Capitalは1,000万ドルのCelo Goldトークンを購入しています。

セロは、途上国でのアンバンクドをターゲットにしたステーブルコインのプロジェクトで、Celo Dollarを発行します。Celo Dollarの裏付けとなるトークンがCelo Goldでa16z cryptroらは、これを購入しました。Celo Goldは、Celo Dollarのマネーサプライに応じて、デフレーションする仕組みになっています。(参照

ヌメライ(Numerai)

ヌメライ(Numerai)は、ParadigmとPlaceholderにNMRトークンを販売し、1,100万ドルの資金調達を実行しました。Numeraiは、予測市場とヘッジファンドをトークンによって分散的に実現するプロジェクトです。同プロジェクトは、今回はじめてのローンチではなく、2017年にトークンをエアドロップで配布しました。

Numeraiでは、リサーチャーやアナリストがトークンをステーキングしてヘッジファンド向けに情報を提供します。その情報が評価をされればトークンをリワードで貰え、評価が低い場合、ステーキングしているトークンはバーンされるという形態をとっています。

品質の低い分析をすれば、ステーキングしているトークンが没収されることから、マーケットで提供されるデータ品質は高くなることが見込まれます。全てのデータセットは、IPFS上にあり、ステーキング及びコントラクトはイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンでオンチェーンで稼働します。

ハーモニー(Harmony)

ハーモニー(Harmony)は、Lemniscap VCとAustralia’s BCA Fund、Singapore’s UniValues Associates、Silicon Valley’s Consensus Capitalなどから1,800万ドルを調達しました。これもプレセールでトークン販売です。

Harmonyは、1stレイヤーのブロックチェーンであり、イーサリアムのDApps(分散型アプリケーション)をイーサリアム上からHarmonyに移行することが極めて簡単であることを売りにしているEVM互換が特徴です。Harmonyは、シャーディングを実装する予定で、トランザクション処理能力に優れているとしています。

トークン設計が見直され、興味深いテーマ

本コラムでは、直近にアナウンスされたトークンでのディールをまとめました。繰り返しますが、優れたトークン設計が見直されているフェーズであり、投資としても面白い分野になります。モデル分析は、画一的なノウハウも確立されていなく、簡単ではないですが、興味を持った方は今面白いテーマだと言えるでしょう。

【こんな記事も読まれています】
2019年に注目すべき3つのイーサリアム(Ethereum)ベースのトークンとは?
ステーブルコイン発行者のゴールドのトークン化計画、コモディティのトークン化によるメリットとは?

参考
トークンモデルの分析、価値が蓄積されるトークンの考察・検討が今なぜ重要か。投資家の視点と開発者・起業家の視点


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com/

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。