ハードウェアウォレットのおすすめは?選ぶときの基準を紹介!

ハードウェアウォレットの増加

暗号通貨をオンラインに接続せずに、ローカルで保存するハードウェアウォレットが多種類にわたって発売されています。ハードウェアウォレットは、それなりの資産を暗号通貨・トークンで持っている人にとっては、必須なアイテムです。2016~17年頃は、今も主流なレジャー(Ledger)やトレザー(Trezor)の2社くらいしかハードウェアウォレットを発売している会社はありませんでした。現在は、さまざまな会社がハードウェアウォレットを発売しています。

正確には数えていませんが、昨年から今年にかけて新しく発売されたハードウェアウォレットは、20種近く存在するのではないかと思います。一方で、ここまで数が増えるとどれを選ぶべきか難しくなってくるという問題があります。

ハードウェアウォレットであるから安心と簡単に選んでしまうことはあまり望ましくありません。取引所に預けるのではなく、それなりの資金を自分の責任で管理するという選択をしているのだから、選ぶ基準や自分がどんなリスクを背負っているのかを認識するべきと言えるでしょう。

筆者自身の選定基準でもありますが、ユーザー視点でハードウェアウォレットの選び方を3つの基準に分けて解説します。参考になれば幸いです。

基準1:安全性

まず安全性です。できればオープンソースで開発され、脆弱性が色々な人から指摘されて、その度に改善されているような状況があることが望ましいです。クローズドソースであれば、ユーザーの認識していなかったコードが開発会社によりハードウェアに含まれている可能性が少なからずあります。

ここで難しいのは、オープンソースだから良い、クローズドソースだからそのハードウェアウォレットは使えないと判断することも一概には言えないことです。オープンソースであるからといって、安全というわけでもありません。オープンソースではあるものの、ハードウェアに違う実装がされている場合だったり、公開されているコードとは異なる、悪意あるバイナリが配布されている可能性もあるからです。

また、安全性・脆弱性の観点では、絶対に安全ということはありません。長年、ハードウェアウォレットを販売してきた老舗企業のLedgerでさえ、発売から何年も経って、未だに脆弱性が発見されることもあります。

この点で言えば、オープンソースでもクローズドソースでもバグは発見されます。コードがオープンソースである方が、色々な人がそのコードを見て、脆弱性が発見される可能性が高いです。その発見報告を受けた開発会社が、都度、修正版のアップデートを配布するというような体制が最も望ましいのではないかと思います。

基準2:資金力がある会社

2つ目の基準としては、資金力のある会社が開発していることです。これは重要な観点で、資金力がない会社であれば、3~5年後にアップデートを止めている可能性もあります。会社の資金力不足で、アップデートが止まってしまったハードウェアウォレットにおいて、例えば以下のようなことが起こりえます。

  • ハードフォークしたコインがサポートされず、取り出しに苦労をする。
  • オープンソースで公開しているコードを見た第三者の開発者から脆弱性の報告が出ているのに、それを修正した新しいバージョンが開発会社からリリースされない。

こういった点で、ハードウェアウォレットのスタートアップに関係する方からすると、なかなか厳しい話かもしれませんが、ユーザーにとって開発会社の資金力は大事な視点です。

基準3:サードパーティーのサポート

最後にサードパーティーのサポートです。アダプションが十分なハードウェアウォレットは直接、分散型取引所(DEX)に接続して、トレードができたりなど、さまざまなサードパーティーと連携しています。

例えば、ゼロエックス(0x)プロトコルで構築されているDEXのレーダーリレー(RadarRelay)では、Ledgerをサポートしています。また、Ledgerは、今後リリースされるバイナンス(Binance)のDEXもサポートしています。

まとめ

以上、ハードウェアウォレットの選び方の基準について筆者の考えを示しました。さて、この基準にのっとる場合、どのハードウェアウォレットが当てはまるかといえば、筆者の意見としては、結局のところ、最も老舗のTrezorかLedgerになります。

ハードウェアウォレットの選定は、なかなか難しいですが、大事な資産を保存するアイテムのはずなので、しっかり選びましょう。

参考資料:https://coinchoice.net/which-wallet-should-be-choice_201904/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。