リップラー大歓喜!大量採用来た!

2 

RippleとXRPは大量採用を模索しており、物事は正しい方向に進んでいるようです。

ルクセンブルクで受け入れられているRippleの技術

ルクセンブルクの財務大臣Pierre Gramegnaは、彼の国でRippleの技術が受け入れられたことをほのめかしたようだ。

予想通り、これはファンのXRP軍に、このイベントがルクセンブルクや他のヨーロッパ諸国でも主流の採用につながる可能性があるという信念を与えました。

XRPがルクセンブルクプライベートエクイティおよびベンチャーキャピタルアソシエーション(LPEA)からセキュリティ認可を受けたわずか数日後に、「グラメーナはその国でのリップルブロックチェーン技術の受け入れをほのめかしました」とTodaysGazetteは報告します。

オンライン出版物によると、財務大臣は自分自身の写真と、Rippleのエグゼクティブ・チェアマン兼共同創設者であるChris Larsen氏の写真を共有しています。

Gramegnaは、彼の国と他のヨーロッパ諸国でも同様にRippleの潜在的成長を述べました。

“ Chris Larsenと素晴らしい意見交換ができました。「ルクセンブルクとヨーロッパでリップルがさらに発展するのを楽しみにしています」とグラメーニャ氏は述べています。

これを読んで、Rippleが爆上がりの状況があるのも不思議ではないとXRPのファンが皆興奮

それ以上に、ルクセンブルク大学はまた、University Blockchcian Research Initiativeでのリップル資金による研究プログラムへの参加を確認しました。

XRPはセキュリティトークンではありません

少し前まで、ルクセンブルクのプライベートエクイティとベンチャーキャピタル協会(LPEA)が発表した論文によると、RippleのXRPは支払いトークンであり、セキュリティトークンではありません。

この論文ではXRPとBTCをPayment Tokenカテゴリに分類しており、これらのデジタル資産はどちらも価値の移転や迅速な取引のためのお金の手段として使用できると主張しています。

ペイメントトークンには特定の発行者がいないとも言われており、これは「トークン保有者にはトークンの発行者に対して請求する権利がない」ことを意味します。

とにかく、ルクセンブルクで起こったことは先例になることができ、より多くの国が従うことができます。 

参考資料:https://oracletimes.com/xrp-mass-adoption-in-europe-luxembourgs-minister-of-finance-accepts-ripples-tech-xrp-classed-as-payment-token/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。