2019年注目の仮想通貨・ブロックチェーン業界の有望な9つのスタートアップ

ビットコイン(BTC)の獲得と共有プラットフォームなど

ローリー(Lolli)

ローリー(Lolli)は、ユーザーができる限り多くの人とビットコイン(BTC)を容易に稼ぎ、所有、共有することができるウェブポータルとブラウザ拡張機能です。Lolliはオンラインで買い物すると、BTCを取得、所有できる、初のビットコイン報奨アプリです。Lolliはそのためウォルマート(Walmart)やベストバイ(Best Buy)、ゴーダディ(GoDaddy)など500社とパートナーシップ取引を結んで、買い物の額に応じてビットコインを報酬として受け取ることができます。

オーキッドラボ(Orchid Labs)

オーキッドラボ(Orchid Labs)は、インターネット上に監視されない世界を求める人々が開発した一組のオープンソースツールと暗号プロトコルです。イーサリアム(Ethereum)上に構築されるオープン市場であり、クライアントは中間業者の存在なしに取引することができます。

プライムXBT(PrimeXBT)

プライムXBT(PrimeXBT)は、新しい取引プラットフォームであり、多額のマネーを投資せずに仮想通貨を取引することができます。レバレッジ100倍のプラットフォームが提供されて、1ドルで100ドルの商品を購入できる売買能力を持ちます。つまり主要な仮想通貨取引で100倍のレバレッジによる証拠金取引ができるプラットフォームです。

ブロックチェーンを使用したフリーランサー向けプラットフォーム

ハーバー(Harbor)

ハーバー(Harbor)は、ファンド、株式、商業用不動産などのデジタル証券向けマルチレベルプラットフォームです。法務・税務書類から認証まであらゆるトランザクションが、デジタルでトレースされ、認証されます。

コインランサー(Coinlancer)

コインランサー(Coinlancer)は、イーサリアムベースのフリーランサー用プラットフォームで、ブロックチェーン技術を使って、プロジェクトごとの仕事を提供して、クライアントとフリーランサーとを結びつけることができます。

クライアントは仕事をCoinlancerに投稿します。フリーランサーは提供された仕事の条件に合えば、クライアントがファンドをデポジットすればエスクロー機能付きで契約が完了します。与えられた仕事が完了、クライアントが認めれば、ファンドから支払いが行われる仕組みです。

クライゼン(Cryzen)

クライゼン(Cryzen)は、仮想通貨のアルゴリズム取引プラットフォームであると共にマシーンラーニングプラットフォームでもあり、ユーザーは仮想通貨市場に対して、取引戦略を開発、検証、視覚化、展開することができます。ユーザーは、ボットを開発するプラットフォームを利用して、異なる機能のアルゴリズムを作成することができます。これらは汎用プログラミング言語パイソン(Python)を使います。

サプライチェーンの透明性を目指すプロジェクト

シップチェーン(ShipChain)

シップチェーン(ShipChain)は、サプライチェーンの透明性のある追跡ができる完全統合システムです。追跡は積荷からは配送まですべて可能です。このシステムは医薬品、食品、農業、リテールストア、ロジスティクスサービスプロバイダーなどをカバーします。

パクソス(Paxos)

パクソス(Paxos)は、新しいステーブルコインであり、米証券取引員会(SEC)にとどまらず、ニューヨーク州金融サービス局(DFS)も認可します。イーサリアムベースのこのERC20トークンは、現金とのデジタル代替コインとして機能します。Paxosは、ステーブルコインPaxos Standardを通じて、仮想通貨のボラティリティと規制されない側面の除去を目指します。

バックト(Bakkt)

バックト(Bakkt)は、マイクロソフト、スターバックス、インターコンチネンタルエクスチェンジ(ITC)が支えるスタートアップ企業であり、仮想通貨サービスや保管業務など手広いサービスを想定しています。Bakktはデジタル資産のオープンで規制上の認可済みのグローバルエコシステムの創造を視野に入れています。


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。