少なくとも3カ国がIMFと世界銀行にビットコイン債の発行を検討していると語った

2 

アジアタイムズによる、近い将来3カ国もの国が主権を獲得しようとしています。アフガニスタン、チュニジア、ウズベキスタンの両国は、最近終了した年次総会で開催された世界銀行総裁会議、および国際通貨基金(IMF)が世界銀行との共ワシントンDC。ウズベキスタン中央銀行の総裁はそのイベントに出席しなかったが、その国はハイレベルの代表団を送った。

報告書では、アジア・タイムズで報告したように、公開 4月17日(水曜日)に、2カ国アフガニスタンとチュニジアは、ビットコイン結合を起動する最初の国の中央銀行のタイトルを請求するレースです。アフガニスタン中央銀行総裁のKhalil Sediqは、アジアタイムズに語って、この国は、58億ドルの採掘、エネルギー、農業分野への投資に使用する資金で、クリプトボンドを開始することを計画していると述べた。

鉱業部門に関しては、アフガニスタンは、特に電気自動車用の電池を製造するために使用される金属であるリチウム鉱物の主要な供給源の1つです。

セディックは、同国が暗号債券を発行しようとしている理由の一部は、借入に関する国際制裁を回避することであると述べた。暗号債を使用して、アフガニスタンは民間部門を後押しするために必要な資金、現在獲得できない資金にアクセスすることができます。

チュニジアのチュニジア中央銀行総裁、Marouane El Abassi氏は、今回の代表団の前で、自国が最初に電子通貨を発行した国であることを思い出しました。その一部でチュニジアはすでにソブリン暗号結合を発行することのトピックについて現在調査しているワーキンググループを作成しました。暗号ベースの債券を発行する際の課題を解決するために、両国が何らかの方法でHyperledgerテクノロジを使用することを検討していることは注目に値します。

綿花市場で有名なウズベキスタンも、綿花市場に対して発行される暗号債を検討しています。イベントに出席した米国のJavlon Vakhabovへのウズベキスタン大使は、彼の国はbitcoin債券を発行するためにレースから割引されるべきではないと述べました。 

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/bitcoin-btc-at-least-three-countries-have-told-the-imf-and-world-bank-they-are-considering-issuing-bitcoin-bonds/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。