そろそろ暗号市場が爆発しそうな理由

暗号通貨に関する一般的な市場センチメントは、昨年の同時期よりもはるかにポジティブになりました。引き戻しが期待されていましたが、物事がそれほど低く落ちることはほとんど予測されておらず、事実上すべての利益が一掃されるでしょう。市場が底を打っているように見えると同時に、暗号の貿易業者、アナリスト、保有者および投資家は次の大きな強気相場に目を向け始め、そしてそれはモンスターになるかもしれない。

クリプトが主流に

2017年の初め頃、暗号通貨が何であるかを知っている人はほとんどいませんでした。何人かはBitcoinについて聞いたことがありましたが、それでもコンピュータオタクが彼らのガレージで手を出したのはまだ何かでした。Ethereumは15ドルで取引されていて、残りのアルトコインは地平線に飛び交っていました。当時の時価総額は、約200億ドルで、現在の約10パーセントでした。

それから価格が爆発し、チャートが放物線になるのを見た強気相場がやってきました。時価総額が1月の水準から4倍になった2017年5月に、物事は本当に上昇し始めました。アジアでは多くの否定的なニュースや不況にもかかわらず、この勢いは年末まで続いた。

Ikigai Asset Managementの最高投資責任者であり、暗号の専門家であるTravis Klingは、次のように指摘しています。

「16年の終わりごろ、世界の圧倒的多数は、これが何であるか、あるいはその可能性が何であるかを知りませんでした。今回は違います。意識は非常に高いです。それは反射性をそれほど狂気に作用させることになるでしょう。」

The last bull market was crypto’s first time on the global stage.

In late 16 the vast majority of the world had no idea what any of this was or what its potential is.

This time is different. Awareness is massively higher. That’s going to make reflexivity act that much crazier

95 people are talking about this

主流のメディアがBitcoinを手に入れ、現在は定期的に報道されていますが、必ずしも良い見通しはありません。金融番組のテレビスロットは現在暗号専用であり、トップの資産は現在世帯名になっています。今週は暗号について公開された映画さえありました。

大衆の意識の大幅な増加に加えて、クジラが潜んでいる制度的な関心がありました。これは大きなお金があるところであり、彼らは次の主要な強気ランの触媒となる可能性があります。それが開始されると、それはまだ数ヶ月先になる可能性があります、個人投資家は戻ります。

現時点では、まだしばらく続く可能性がある蓄積段階にあります。何人かのアナリストが指摘したように

「より長い$ BTCは5,000ドルから5,200ドルの間の範囲で、それが次のプッシュアップの後でより強く支持されるようになります。故障が発生した場合、これは同様により強い抵抗になりますが、

いずれにしても、過去1、2年の間にスペースを見ていた人は誰でも、2017年に起こったことを矮小化する大きな急増を見越して、今静かに蓄積しているようです。過去10年間

“Bitcoin is always going down”

Here is some perspective in the form of a yearly chart for you folks.

487 people are talking about this

 

次のピーク時の市場価格の終わり予測はありませんでした、そしてそれらの非常に少数はそれらが最後より低いです。バックル、それは1つのhelluva乗車になるだろう! 

参考資料:https://www.newsbtc.com/2019/04/19/why-the-next-crypto-bull-run-will-be-several-magnitudes-bigger/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。