仮想通貨取引所フォビのアメリカ市場でリップル(XRP)の取引ペア追加

仮想通貨取引所フォビのパートナーであるHBUSとは?

HBUSはシンガポールを拠点にしている仮想通貨取引所フォビグローバル(Huobi Global)のアメリカのパートナーです。HBUSは2018年7月から仮想通貨の取り扱いを開始しました。

HBUSの基軸通貨はビットコイン(BTC)とテザー(USDT)、イーサリアム(ETH)、アメリカドルの4種類です。そのため今回発表された取引ペア追加により、イーサリアム以外の3種類の基軸通貨でXRPとの取引が可能になりました。なおHBUSでは、XRP以外にもドージコイン(DOGE)やステラ・ルーメン(XLM)など全部で20種類ほどの仮想通貨を取り扱っています。

200リップル(XRP)配布キャンペーンも実施中

フォビグローバルは、世界的に仮想通貨取引所を展開しています。2018年9月にビットトレード(Bit Trade)を買収し2019年2月に商号変更したフォビジャパン(Huobi Japan)も、フォビグローバルのひとつです。

2018年7月にはフォビグローバルのパートナーであるオーストラリアのメルボルンを拠点としたフォビ・オーストラリア(Huobi Australia)が仮想通貨の取引を開始しました。フォビ・オーストラリアでは、ビットコインとイーサリアム、テザーの3種類を基軸通貨として120種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

またイングランド、カナダ、ブラジルにもフォビのオフィスがあります。この他にもフォビグローバルは、取引手数料の割引サービスなどを受けられるフォビトークン(Huobi Token:HT)の発行や仮想通貨の派生商品を取り扱うフォビ・デリバティブ・マーケット(Huobi Derivative Market:HuobiDM)の展開も行っています。

News from Huobi DM: cumulative trading volume exceeds USD$100 billion since our launch! To celebrate, we are giving away 200 to 10 lucky winners. Win by:
☑️Retweet
☑️Like
☑️Show us how you are celebrating this event+
Info:http://bit.ly/2vdad2k 

674人がこの話題について話しています

フォビ・デリバティブ・マーケットの運営開始からの総取引量が1,000億ドル(約11兆2,000億円)を超えたことが19日、フォビグローバルのツイッター上で発表されました。同じツイートでフォビグローバルは、フォビ・デリバティブ・マーケットの取引量が1,000億アメリカドルを超えた記念として、10名に対し200XRPを配布することも告知しています。 

参考資料:https://coinchoice.net/cryptocurrency-exchange-huobi-add-xrp-trading-pair_201904/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。