すべてのドメイン名を壊れにくいトークンに変換するEthereumネームサービス

2 

2020年5月4日までに、Ethereumブロックチェーン上のすべてのドメイン名は非代替トークン(NFT)になり、ユーザーはEthereum ネットワーク上の他のトークンと同じようにドメインを利用できるようになります。ドメインはNFTトークンになるため、所有者は交換で取引できる資産を所有します

ENSの 説明の開発者であるPer Nick Johnson が、.lux、.xyz、および.ethで終わる名前を持つすべてのドメイン所有者は、新しいEthereum Naming Serviceにドメインを移行する必要があります。上記のサービスは2017年に作成されたもので、その主な目的は、サイト所有者が自分のサイトをEthereumブロックチェーンでホストできるようにすることでした

ENSEthereumネットワーク上にサイトを持っているだけでなく、所有者は自分のドメインを使って他のブロックチェーンベースのシステムにリンクし、スマートコントラクトやウォレットアドレスに接続することもできます。ドメイン名の移行の発表が公表される前は、Ethereumはその名前の下に30万のドメインを持っていました。しかし、新しいサービスの開始により、Ethereumはより多くのサイト所有者を彼らのエコシステムに誘い込むことを望んでいます。

新しいサービスによってもたらされる変化

主な変更はドメインをトークンに変換することですが、ドメイン名を登録するのにかかる時間にも大きな違いがあります。プロセスは多かれ少なかれインスタントであり、2つのステップしか必要としません。

最初のステップはあなたが選択した名前にコミットすることであり、2番目は登録プロセスを開始することです。後者は、登録プロセス全体の速度を上げると同時に、より簡単になります。

2つのステップの間にフロントランが実行されるのを防ぐために、Ethereum開発者はトランザクションが1分間隔でマイニングされるようにプログラムしました。上記に加えて、ドメイン名が7文字を超えるサイト所有者に別の変更が加えられ、所有者は年間5米ドルの料金を支払う必要があります。

5ドルの手数料の主な目標は、土地の奪取を防ぐことです。残りの部分については、彼らのプロセスは、プロセスに3つのステップを持たせるオークションを含みます。移行後、Ethereumはドメイン名が7文字を超える登録クライアントから年間25万ドルを生み出します。7人用のベンチで年間収益の使用方法が決まります。 

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/ethereum-name-service-to-convert-all-domain-names-into-non-fungible-tokens/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。