分散型アプリ(dApps)を開発できるクアンタム(Qtum)、あの企業の クラウド プラットフォーム上で利用可能に 2555

2 

非中央集権型ブロックチェーン「クアンタム(Qtum)」は、グーグル運営のクラウドサービス「グーグル クラウド プラットフォーム(GCP)」のソフトウェアパートナーと協力し、ユーザーが分散型アプリ(dApps)やサービスを手軽に開発できるようにすると発表した。Qtum公式ブログにおいて、5月2日の投稿で明らかにした

Qtumは、仮想通貨イーサリアム(ETH)と同様にdAppsおよびスマートコントラクトに焦点を当てたブロックチェーン。

QtumのCIO(最高情報責任者)のミゲル・パレンシア氏は、「GCPは、ブロックチェーン構築に関する開発をよりシンプルかつ直感的にするのに役立つ完璧なパートナーだ。Qtumノードの起動やdApps開発では、難易度が高く複雑な手順が必要だったが、GCPの新たな開発者向けスイートでは、ショートカットと各種ツールのおかげで手早く簡潔に行える」と述べた。

パレンシア氏は次のように続けた。

「よりアクセスしやすいテクノロジーにすることで、我々はQtumコミュニティを拡大し、一般的なユーザーからエキスパートまで幅広い経験を備える人々を集めたいと考えている。」

利用可能な開発者ツールには、dApps開発、フルノードの立ち上げ、Qtumのフォークおよびステーキング用ツールなどが含まれている。

またQtum公式ブログによると、「Qtumのソースコードが更新されると、GCPでも自動的にコードが更新される。そのため開発者は、Qtumの最新バージョンを維持するためだけに手動で再ダウンロードする必要がなくなる」という。

この発表後、コインマーケットキャップ(CMC)では、Qtumの仮想通貨QTUMが約7%上昇し、時価総額ランキングでトップ30目前(記事掲載時)まで迫った。

2019年1月、Qtumからビットコイン(BTC)へのアトミック・スワップの実装が発表された。アトミック・スワップは、信頼できる第三者や交換用インフラを介さずに、ある暗号通貨を別の暗号通貨に交換可能にする技術だ。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/qtum-confirms-google-cloud-features-rollout-to-improve-user-accessibility 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。