バイナンスがハッキングで44億円のビットコインが不正流出〜ビットコインは上昇継続中

2019年5月8日、世界最大の取引所であるバイナンスから7000BTC(44億円相当)の資金がハッキングにあい不正に送金させられました。

バイナンスでの今回のハッキングについては、取引所を利用しているユーザーの情報を盗み、ある程度のユーザーの情報が集まったところで一気にビットコインを送金した盗んだと言われています。

つまり正式にはバイナンスのセキュリティが破られてハッキングされたという表現というか、取引ユーザーの情報が盗まれて不正にログインをさせられて送金されたという言い方の方が正しいのではないでしょう。

また投資家の与沢翼氏がちょうど7500万円相当のビットコインをバイナンスに預けていたことも発覚しました。

幸いユーザーの資産に影響は無いとのことです。

このニュースを受けてビットコインは一旦価格を下げましたが、すでに価格上昇が継続中です。

バイナンスで44億円分のビットコインが不正送金

https://platform.twitter.com/widgets.js

世界最大の仮想通貨取引所の一つであるバイナンス8日、ハッカーによって4100万ドル相当の仮想通貨ビットコインが盗まれたと明らかにした。バイナンスのウェブサイトに掲載されたZhao Changpeng最高経営責任者(CEO)の発表によると、ハッカーは「フィッシング、ウイルス、その他の方法」を通じて7000ビットコインを不正に引き出した。

バイナンスは損失をカバーするための安全資産基金を利用するため、ユーザーの資金は影響を受けないという。 

 

バイナンスの流出にあったホットウォレットについて

今回バイナンスがビットコインの流出にあった時に保管していたのが、「ホットウォレット」と言われています。

ホットウォレットはよくコールドウォレットと対比されますが、「オンライン上の仮想通貨を保管するウォレット」となっています。

仮想通貨を取り扱う場合には、入出金を含めて一時的にはオンライン上のウォレットを使う(いわゆるホットウォレット)必要があり、今回流出した理由は個人のアカウントを通じてと言われているので、バイナンスのセキュリティが本当に脆弱であったかは簡単には判断ができないのでは無いかと感じています。

バイナンスが受けたハッキング被害の手口について

https://platform.twitter.com/widgets.js
今回バイナンスが被害を受けた手口というのはユーザーの個人情報を盗むことによって資金を引き出したと言われています。

その情報は主なもので

ユーザーのAPIキー(取引所)

二段階認証のコード(スマホ)

と言われています。

個人を識別するためのAPIキーと、ログインや仮想通貨の送金の時に必要なコードが、本人になりすまして送金をするのに必要であったためです。

それと個人的にはメールアドレスについても情報を取得していたのでは無いでしょうか。

バイナンスでの送金手順

①バイナンスにログイン

②送金画面から送金先のアドレスを入力

③二段階認証を入力

④登録先メールアドレスから送金の承認

という段階が必要になります。

バイナンスが、個人のこれだけの情報を複数取得し44億円ものビットコインを送金したと言われています。

ヨリコ
ヨリコ
でも、44億円もの金額を引き出す場合には一体どれだけのユーザーの情報を盗む必要があったのかしら。。。
ケイシ
ケイシ
その辺は本当に謎ですね。盗んだユーザーの中に多額のビットコイン保有者がいたのか。実際には気になる所です。

バイナンスで盗まれたビットコインは全額返還

バイナンスでは2018年に始めた基金より、盗まれた44億円のビットコインを補填することになり、ユーザーの損害は無いことになります。

Binanceが、緊急メンテナンスによりFUD(不安を煽ること)が蔓延したことをうけ、「Secure Asset Fund for Users(SAFU)」を14日から始めると発表した。SAFUはユーザー資産の保全を目的とし手数料の10%を積み立てる基金で、保険の性質を持つ。メンテナンスの原因はAPIキーの不正利用で、BinanceはすべてのAPIキーをリセット。 現在は正常に稼働している。ーBTCN

ヨリコ
ヨリコ
なるほど、44億円をポンと出せるのはさすが世界最大の取引所と言えるわね。
ケイシ
ケイシ
バイナンスはかなり幅広い仮想通貨を取り扱っていることから、海外で取引をする人はかなずと言って口座開設をしている取引所なります。

与沢翼氏のビットコインが7500万円バイナンスに幽閉

https://platform.twitter.com/widgets.js

2017年の仮想通貨バブルで12億円の利益を叩き出した投資家の与沢翼氏も、バイナンスに7500万円のビットコインを入れていたということでした。

彼は普段は個人用のウォレットである「レジャーナノS」に保管していると以前ツイッターで発言していましたが、バイナンスにビットコインを入れていた理由としては、「ビットコインでその他の通貨を購入」する理由では無いかと推測されます。

ヨリコ
ヨリコ
レジャーナノSはホットウォレットとは違う、オフラインで管理できるコールドウォレットなのよ。

取引所は100%安全とは言えない現状

https://platform.twitter.com/widgets.js

ホリエモンはツイッターで取引所がハッキングを受けるリスクが依然としてあることをコメントしています。

通常仮想通貨投資家は、大きい資金については「レジャーナノS」などの個人用ウォレットで保管する割合が多いと思います。

全てが個人用ウォレットというわけではなく、多少の資金は取引所においておいて、柔軟に取引できるようにする場合もあるからです。

ケイシ
ケイシ
仮想通貨は盗まれるから危険という風に考えるひとが多いかもしれません。ですが、「価値があるから盗まれる」という認識も合わせて持つ必要があります。

実際にこの事件があったともビットコインは引き続き価格上昇しています。

公式レジャーナノSの購入方法と使い方について〜評判でおすすめのコールドウォレット

ビットコインは引き続き上昇中

バイナンスのハッキングのニュースを受けて一時的に価格が下がったものの、引き続きビットコインは価格上昇しています。

2019年に入ってからの価格動向として

●2月8日(年内最安値)→38.8万円

●3月1日→42万円

●4月2日→55万円

●5月1日→60万円

と短期的に上昇トレンドが継続中です。

ケイシ
ケイシ
この上昇は6月のG20の仮想通貨の規制に向けた話し合いついて期待の上昇では無いかと一部では言われています。

また現状として、有望な通貨を取り扱うバイナンスは海外取引する場合には必要と言える取引所なので、ある程度の資産は取引所から個人用のウォレットで保管していくことをオススメします。

ヨリコ
ヨリコ
以下のビットコインの価格予想も参考にしてみてね。

 

Source: 仮想通貨の投資方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。