秘密鍵を使用しない仮想通貨ウォレット「●●」 最大約55億円の不正取引補償を発表

2 

法人向け仮想通貨ウォレットを開発するカーブ(Curv)、ドイツの保険会社「ムニックRe」と提携し、最大5000万ドル(約55億円)の補償サービスを提供する。5月10日にカーブがプレスリリースで発表した

この新しい保険は、悪意ある者がカーブまたは顧客の資産のいずれかにアクセスした場合に不正取引として認め、補償するよう設計されているという。

プレスリリースでは損失補償の対象について次のように説明している。

「カーブおよび顧客両方の資産が何らかの形で同時に侵害され、カーブのポリシーに反した取引が行われるといった極端なシナリオであっても、保険の損失補償対象となる。」

カーブの仮想通貨ウォレットの注目すべき機能の1つは、ユーザーが自分の暗号化データにアクセスする一般的な手段となっている秘密鍵を使用しないことだ。

米セキュリティ・コンサルタントのインディペンデント・セキュリティ・エバリュエーターズ(ISE)の上級セキュリティアナリスト、エイドリアン・ベドナレク氏は、最近いわゆる「ブロックチェーン盗賊」が脆弱な秘密鍵を持つユーザーの仮想通貨イーサリアム(ETH)を盗んでいることを突き止めた。同氏によると、このケースではIDとパスワードが同時に不正取得されているという。

カーブは、「秘密鍵の概念を撲滅する」と主張。データにアクセスする際に、単一のユーザー名・パスワード(秘密鍵)に依存することなく、データを常に暗号化したままの状態で処理する仕組みを採用したマルチパーティ計算技術(Multi party Computation、MPC)プロトコルを使用している。

またカーブは、従来のコールドウォレットとホットウォレットは、同社クラウドベースのサービスに置き換えられると主張している。

カーブは2019年2月、秘密鍵を利用しない金融機関向け仮想通貨ウォレットを発売するために、マネックスグループなどから650万ドル(約7億1856万円)を調達した。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-wallet-secures-50-million-insurance-for-customer-crypto-assets 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。