ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の貸出を行うレンディングへの需要増

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の貸出を行うレンディングへの需要増

成長を続けるレンディング市場

暗号通貨の貸出・借入を提供する企業であるジェネシス・キャピタル(Genesis Capital)が、2019年第1四半期の期間のローンのスナップショットを公開しました。同社のサービスにおいて、貸出の顧客には利息を得たい人が、借入にはショート(空売り)やヘッジをしたい人が、それぞれ顧客となっています。

Genesis Capitalは、デジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group)の傘下企業です。そして、ローンの市場の透明性のために、四半期ごとに同社で介して行なわれたレンディングを公開しています。

第1四半期のレンディングの様子
出典:Genesis Capital

発表によると、2018年には10億ドル(約1,100億円)のレンディングが実施され、アクティブなレンディングが1億5,300万ドル(約168億3,000万円)でした。2019年の第1四半期では、4億2,500万ドル(約467億5,000万円)の新規のレンディングを行い、末日の時点でのアクティブなレンディングは1億8,100万ドル(約199億1,000万円)になっています。

前年の四半期に比べ17%の向上を見せ、レンディング市場が大きく成長していることが分かります。同社の平均的なローンは6週間程度で返済され、アクティブと全体のバランスがこのようになるといいます。

暗号通貨を担保に貸出を希望する需要

Genesis Capitalは、2018年のQ4に、暗号通貨を担保に法定通貨を貸出しするサービスを始めています。この需要が大きく、現在ではアクティブなローンの10%を占めていると発表しました。これらはロングポジションをとりたいヘッジファンドや、バランスシートにある暗号通貨を売却しないで電気代を支払いたいマイナーなどに利用されているといいます。

大きくシェアを占めているローンはやはりビットコイン(BTC)であり、3月の末日時点で68%を占めています。他の通貨とすると、リップルで(XRP)で6.7%、ライトコイン(LTC)が3.6%になるといいます。

また、下記はイーサリアム(ETH)の貸出残高と、価格の相関を表した図です。

イーサリアムのレンディング推移
出典:Genesis Capital

ETHの価格が上がるにつれ、ローン残高が減る関係が見られ、レンディングマーケットと価格の関係が見られるグラフになっています。BTC以外の暗号通貨の貸出に関しては、ほとんど全てがショートに対する需要であるといってよいでしょう。

しかし、主にBTCの借入において興味深い点ですが、ショートをしている人は少数派であり、なにかしらのヘッジで利用している場合であると同社のブログでは述べています。

また、Genesis Capitalのレンディングサービスに関する批判として、暗号通貨をショートできる商品を提供することに対し、「業界のために仕事をしないノーコイナーなどとしばしば呼ばれることがあるが、それは間違いだ」と書かれています。ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)やジェームズ・ダイモン(James Dimon)など、メディアで暗号通貨を批判する資産家もショートポジションは取っていません。そもそもショートポジションを取れる人は暗号通貨に強い関心を持つ人であると反論しています。

こういったヘッジ市場やショート市場は、市場が成熟に際して確実に必要なトレードインフラであるといえます。

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨のレンディングでガバナンス投票を安価にできてしまう問題
MakerDAO(メイカーダオ)など増加するレンディングアプリケーション、それぞれの金利の決定方法とは?
仮想通貨のレンディングで利益を出しながら相場の加熱度を読む方法

参照
Genesis Capital


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。
コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。