リップル社の仮想通貨XRP開放スケジュール、実際のデータと「相違」

2 

ブロックチェーン分析企業のコインメトリックスは16日、リップル社が示す仮想通貨XRP開放スケジュールと実際のオンチェーンでの取引データに相違があると指摘した

執筆時点でリップル社はまだ正式な回答はしていない。

リップル社は、保有していうるXRPの5割ほどをエスクローに預けており、定期的にXRPを開放。四半期ごとのリポートでその詳細を公表している。コインメトリックスは、このエスクローシステムについて、次の3点を指摘した。

・リップル社による2つの四半期リポートは、エスクロー(第三者預託)から出されたXRPの数を2億XRP(約92億円)ほど低く公表した。

・「エスクロー・キュー」(開放されたXRPのうち使われなかった分が戻る所)が発表と違った形で実行されており、発表より早いペースでのエスクローからのXRPリリースにつながる。

(赤が発表通りのスケジュール、青が実際のスケジュール(見込み)。縦軸はXRPの流通量)

コインメトリックスによると、開放されたXRPでその月(n)の終わりに使われなかった分は、n+55ヵ月後までエスクローされる(すなわち、その時までエスクローキューに戻る)。

例えば、2018年1月6日(月0)にリップルは10億XRPをエスクローから開放し、1月末に9億XRP(1億XRPを使用)を55ヵ月後までエスクローした。ここまでは発表通りだが、翌2月(月1)、再び10億XRPを開放して1億XRPを使った際、残りの9億XRPすべてを56ヵ月後までエスクローするのではなく、1億XRPを55ヵ月後までのエスクローにし、8億XRPを56ヵ月までエスクローしたという。

・リップル社と関係ある組織が、リップルのメインのエスクローアカウントにつながっていないエスクローアカウント(持ち主不明)から5億5000万XRPが開放された。

コインメトリックスによると、リップル社はリポート公表までに回答しなかったという。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/coin-metrics-report-highlights-discrepancies-in-ripples-escrow-system-reporting 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。