仮想通貨チリーズ(Chiliz)がポケモンGOのような新機能トークンハントを発表

仮想通貨チリーズ(Chiliz)がポケモンGOのような新機能トークンハントを発表

仮想通貨チリーズ(Chiliz)のプラットフォームであるソシオスドットコム(Socios.com)が5月27日、ツイッター上の公式アカウントでトークンハント(Token Hunt)という位置情報を使ったサービスの提供を発表した。

スマホでファントークンを獲得

アレックスの愛称で知られるチリーズとソシオスドットコムの最高経営責任者(CEO)であるアレクサンドレ・ドレイファス(Alexandre Dreyfus)氏は、このサービスについて「ポケモンGOを覚えていますか」とツイッター上の自身の公式アカウントで語っている。

https://platform.twitter.com/widgets.js

このトークンハントではスマートフォンを使用し、提携したサッカークラブのファントークンとCHZを無料で集めることが可能となる。

ソシオスドットコムは既にイタリアのサッカーチームであるユベントス(Juventus)、フランスのサッカーチームであるパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain)、イングランドのサッカーチームであるウェストハム・ユナイテッド(West Ham United)と提携している。

総額2億円相当のトークン獲得チャンスも

ソシオスドットコムは今年の夏にソシオスドットコムサマーツアー(Socios.com Summer Tour)を計画しており、トークンハントはサマーツアーの一環として2019年7月末に発表が予定されている。実際の機能としてのデイリーグローバルトークンハント(Daily Global Token Hunt)では、ユーザーごとに利用可能なトークン数に制限が設けられる。

これに対し夏季期間中のトークンハントでは、ソシオスドットコムサマーツアー中で発表を予定しているアジア・ヨーロッパの主要都市限定で合計200万ドル(約2億1,800万円)相当のCHZ及び数十万枚のファントークンをハントできる。この時期のトークンハントでは各都市の供給数が尽きるか期限が切れるまで制限無くハントが可能となる。

ドレイファス(CEO)は「夏の間にファンが自分のデジタルウォレットを『パワーアップ』できるようにするために早めに立ち上げたいと思いました」と語っている。またマックス・ラビノビッチ(Max Rabinovitch,)最高戦略責任者(CSO)は「ファンを早い段階で取り入れて、まずファントークンを獲得し、競争力を獲得する絶好の機会です」と話している。

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨チリーズ(Chiliz)がバイナンスチェーンとパートナーシップ締結
仮想通貨のチリーズ(Chiliz)のプラットフォームが英サッカーリーグのチームとの提携発表
ブロックチェーンゲームに使われているトークンの概要とセカンダリーマーケットについて

参考
Socios.com Medium

文:かにたま

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。