仮想通貨で誰でも金融システムが使える時代が?Defi(分散型金融)の将来予想

DeFi(分散型金融)がもたらすものは、金融機能のモジュール化

ブロックチェーン領域に特化をして投資をするファンドであるマルチコイン・キャピタル(Multicoin Capital)は、長期で暗号通貨分野における重要な将来予想についてエッセイを公開しました。

この中で触れられている「オープンファイナンス(Open Finance)」がもたらす価値について本コラムで紹介します。

金融機能のモジュール化

Open Financeは、時に分散化金融(DeFi)とも呼ばれる分野です。しかし、Multicoin Capitalは、Open Financeと呼称しており、非中央集権性を投資判断の重要な軸にしていることはないといいます。

Open Financeの最も重要なイノベーションは、金融機能のモジュール化です。モジュールは日本語では部品と表現するとわかりやすいでしょう。過去2年間でさまざまなOpen Financeプロジェクトがローンチしましたが、それらの多くはモジューラーでした。より上の層のアプリケーションは、それらをモジュールとして活用します。

これは今、私たちが使っているメールサービスの多くが、SMTP、TCP/IP、HTML/JSで構成されていることと似ています。

Open Financeの例として、ブリッツプレディクト(BlitzPredict)は、3つのモジュールを採用しています。

BlitzPredictは、オーガー(Augur)を予測市場のプロトコルとして、ゼロエックス(0x)をユーザ間で予測したシェアを売買するオーダー機能に、交換媒体としてダイ(DAI)を用いるためにメイカー(Maker)のプロトコルを、それぞれ採用しています。

これらがモジュール化されていることは、あらゆる人々が金融機能を作れることを意味します。ベンダーへの信頼が最低限でも、そのプロトコルがセトルメント機能などを執行することは分かっているからです。

クラウドという設計思想が、サーバのデプロイをコモディティ化することで大規模webアプリケーションにイノベーションを起こしたことと同じように、金融機能がモジュール化することは多くの金融サービスに進歩をもたらします。

Open Financeは、本質的に誰でもモジュールを使ってサービスを構築することができ、銀行口座を持たない人でもアクセスができるようにします。プロトコルは顧客に直接関わる存在ではないですが、そのプロトコルを採用するビジネスレイヤーが顧客にサービスを届けるようになります。

これを図に表すと下記のようになります。
Open Finance 図解
出典:Multicoin Capital

成長を続ける分散型金融の分野

他の事例としては、ユニバーサル・マーケット・アクセス(UMA)プロトコルが挙げられます。UMAプロトコルは、S&P500の価格変動に連動したアセットを生成し、それに投資ができるCFD取引(差額決済取引)のようなものを提供しています。プロトコルのスマートコントラクトが、S&Pの値動きに応じて、紐づくアセットをリバランスします。

UMAプロトコルのチームがマーケットメイクやトレードをしているわけではなく、プロトコルがこれを実施しています。40億から50億人にわたる銀行口座の未所持者は、アメリカの株式市場にアクセスすることは困難ですが、このような新しい金融システムにアクセスをすることは容易です。

世界中の金融システムのインターフェイスは、Open Financeに基づくものに移行をするでしょう。その理由は、Open Financeのプロトコルは、モジュールの組み合わせによっていくつものビジネスを生み出し、ローカルに適用することも可能です。

また、モジュール化されることで、技術をゼロから開発する必要もありません。Open Financeは決して概念だけのものではなく、実際に直近18ヶ月で、スマートコントラクトにロックアップされているイーサリアムが、0から200万ETHの規模に成長しました。

イーサリアムロックアップ数
出典:Multicoin Capital

Multicoin Capitalが表現をするモジュールとは、ミドルウェアと同義です。これについてはこちらのコラムで紹介しました。

参考:DApps、DEXという言葉の意味を考える、分散化はミドルウェアプロトコルに変容するという仮説

筆者も、このモジュール化・ミドルウェアという考え方、アーキテクチャは、ブロックチェーンと今後関わっていく上で極めて重要な考え方であると認識しています。

なお、MultocoinCapitalのエッセイの全文の考察をしたレポートも配信しています。興味のある方は是非ご覧ください。

【こんな記事も読まれています】
DeFi(分散型金融)プラットフォームに合わせてリサーチできる厳選ツール7選!
初心者でも簡単!分散型金融(DeFi)をInstaDAppで体験!
DeFi(分散型金融)は2019年にどのような発展をするか、Dharmaメンバーの予想

参照
Multicoin Capital
Blitzpredict


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。
コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。