【仮想通貨】LINK(Chainlink)の将来性、今後の予測に関して

わずか1ヶ月足らずで、10倍以上の価値になり、時価総額も軒並み上げてきた仮想通貨$LINKに関して取り上げました。

可能性しか感じないアルトコインですので、必見です。

Chainlinkが発行するLINKとは?

プロジェクトの目的は明確で簡潔です。

ブロックチェーンをオフチェーンのインフラストラクチャに接続することを目的としています。

ブロックチェーンインフラストラクチャと非ブロックチェーンインフラストラクチャの間のギャップを埋めることを目的としており、

ソース:https://chain.link/

ChainLinkは基本的に分散型のオラクルネットワークです。

競合に関して挙げるとすれば、

Microsoft Coco、Corda、Oraclize、Hivemind、Mobiusなど、主に集中型プロジェクトです(一部のブロックチェーンプロジェクトは近づいています)。

プロジェクトチームと提携

2014年に開始されたChainLinkは、SmartContract社によって開発され、Sergey Nazarov(CEO)とSteve Ellis(CTO)によって設立されました。

そして提携ですが、かなり豊富で強いです。

SWIFTと提携し、話題になりましたが最近さらに大きな提携がありました。

Googleです

これには驚きましたが、価格にももちろん大きく影響しています。

また、最近では有名なBinance IEO銘柄でもある$ONE $MATICとも提携しており、話題にもなりました。

さらに、米IT大手Oracleと提携を結んだことがわかっており、どんどんネットワークが広がっています。

LINKトークンに関して

このトークンは、オフチェーンデータフィードからのデータの取得、ブロックチェーンで読み取り可能なフォーマットへのデータのフォーマット、オフチェーン計算、およびアップタイム保証のためにノードオペレータに支払うために使用されます。

LINKトークンは、BitcoinとEtherのBinance、South KoreaウォンのBithumb、EtherとUSDTのBkex、BitcoinとEtherのHuobi、その他いくつかの取引所で購入できます。

将来性と今後の予測に関して

分散型のオラクルシステムは、スマートな契約の将来に不可欠です。

イーサリアムや他のブロックチェーンではダメなのか?という点においては、実世界のデータとシームレスに機能するためにこのミドルウェアが必要であり、

スマートコントラクトが世界規模で機能するためには、ChainLinkのようなミドルウェアが必要です。

また、集中型モデルを使用したオラクルシステムは、現時点ではより関連性があるかもしれませんが、ブロックチェーンプラットフォームの成功と拡張により、ChainLinkはすでに十分に満足できる位置にある必要があります。

価格に関していうと、流石に調整が入るとは思っていましたが、案の定ビットコインの暴騰に伴い、大きく下げてます。

高値からすると、50~60%程度でしょうか。

一旦は3ドル付近が底となりそうなので、アルトシーズンに向けてこの辺りで買い集めておいても良いかとしれません。

現在の時価総額から10位以内に入るには今の価格帯から3倍以上値上がりが必要なので、目安としても10ドルはまずはあるのではないでしょうか。

楽しみな通貨です。

10倍狙えるアルトコインレポート欲しい方はこちらからお願いします。

Source: BAB

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。