英規制当局、仮想通貨ビットコインとイーサリアムは”管轄外”

2 

英国の金融行動監視機構(FCA)は仮想通貨に関する最新のガイダンスの中でビットコインとイーサリアムは管轄外であると発表した。

FCAの最新ガイダンスは、デジタル資産を3つのタイプに分類。ビットコインやイーサリアムは「エクスチェンジ・トークン」に分類され、規制の範疇外だと明言した。

エクスチェンジ・トークン:中央の管理者によって発行されたりバックアップされていない。交換手段(決済手段)として使うように意図されている。伝統的な仲介業者なしで商品・サービスを売買するための分散型のツール。これらのトークンは、普通は規制の範疇外。

ユーティリティー・トークン:これらのトークンは、現在もしくは将来に誕生する商品・サービスに対するアクセス権を保有者に与える。特定された投資ではないものの、一部の状況下でeマネーの定義を満たすかもしれない。その場合、規制の対象になるかもしれない。

セキュリティー・トークン:これらのトークンは、規制対象業務に関する命令(RAO)に示されている株や債券のように、特定の投資に似た権利や義務が付随する特別な性質を持っている。これらのトークンは、規制の範囲内だ。

また、FCAは、エクスチェンジ・トークンについて、「例えばビットコインのようなエクスチェンジ・トークンを取引するプラットフォームのみを提供する仮想通貨取引所」のような市場参加者は、規制の対象外になると述べた。

ただ、エクスチェンジ・トークンも、EUが定めるアンチマネーロンダリングのルールは適用される。

米国ではSEC(米証券取引委員会)の委員長や委員は、ビットコインとイーサリアムは証券(セキュリティー)に該当しないという見方を示している。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/uk-financial-regulator-fca-wont-regulate-bitcoin-and-ether 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。