イーサリアム(ETH)が新しいマイルストーンをマーク。20万のスマート契約を上回る

2

ETHのメインネット上で20万件を超えるERC 20スマートコントラクトが発行されており、このイベントはブロックチェーンプラットフォームの大きなマイルストーンとなりました。

Etherescan.ioからの新しいデータは、プラットフォーム上に204,603個のトークンコントラクトがあることを示しています。

プラットフォームが最初に2015年7月30日に稼働したことも注目に値します。

Etehreumは多くの注目を集める開発を達成しました

デイリー・ホドルは、イーサリアムが短期間で多くの注目を集める開発を目撃したことを指摘しています。

プラットフォームの無数のユースケースには、オンライン出版によると、「分散型金融、ゲームプラットフォーム、初期コインの提供、デジタルアイデンティティ、ヘルスケア、投票、セキュリティインフラなど」が含まれます。

また、世界の大企業のいくつかが現在Ethereumのブロックチェーンテクノロジーをベースに構築していることも注目に値します。

マイクロソフトは、開発者がクラウドコンピューティングサービスAzureでイーサリアムベースのアプリを作成できるようにするツールスイートをリリースしました。

また、開発者が数回クリックするだけでスケーラブルなブロックチェーンネットワークを設定および管理できるようにするAmazon Managed Blockchainは、EthereumおよびHyperledger上に構築されています。

マイクロソフトが新しいイーサリアムベースのプロジェクトを発表

マイクロソフトは、Ethereumブロックチェーンを活用する新しいAIプロジェクトを発表しました

同社は、イーサリアムを介して機械学習モデルを簡単にアクセス、共有、実行できるようにすることで、AIを分散化することを計画しています。

「ブロックチェーンテクノロジーを活用することで、フレームワークの成功に不可欠な2つのことを行うことができます。参加者に信頼とセキュリティのレベルを提供し、インセンティブベースのシステムを確実に実行して、参加者がモデルのパフォーマンスの向上に役立つデータを提供できるようにします… 」

Daily Hodlはこの件に関する公式メモを引用し続け、次のように書いています。

「さらに、イーサリアムなどのブロックチェーンには、世界中に数千の分散型マシンがあり、スマートコントラクトが完全に利用できなくなったり、オフラインになる可能性が低くなります。」

詳細について、Microsoftの公式Webサイトの完全なメモを参照することをお勧めします

参考資料:https://oracletimes.com/ethereum-eth-marks-new-milestone-surpasses-200k-smart-contracts/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。