米SECがビットコインETF3つの延長審議発表!VanEck SolidXの期日は?

米SECがビットコインETF3つの延長審議発表!VanEck SolidXの期日は?

SEC(米国証券取引委員会)は、シカゴ・オプション取引所(Cboe)により上場申請されているヴァンエック・ソリッドX(VanEck SolidX)ビットコインETFを含む3つのビットコインETFの最終審議延長を本日発表。SECはビットコインETFの上場申請から最大240日の審議期間を経て、承認また非承認の最終決断が10月中旬となったことになります。

本稿は、注目されるビットコインETFの今後の重要なスケジュールについて解説を行います。

出典:SECURITIES AND EXCHANGE COMMISSION
(Release No. 34-86630; File No. SR-CboeBZX-2019-004)

VanEck SolidXビットコインETFとは?

VanEck SolidXビットコインETFは、ゴールドETFで有名なVanEckとニューヨーク証券取引所(NYSE)が2016年7月にはじめて上場申請され、2017年にウィンクルボス兄弟のビットコインETFと同様に否決されたSolidXと組んだ、最も注目されているビットコインETFです。つまり、SolidX自体は約3年の月日を経て、SECの規制に取り組んでいるのです。

VanEck SolidXビットコインETFの上場申請は、もともと2018年6月20日にビットコイン先物を提供するCboeにより行われたものでした。2018年のトランプ大統領による予算案署名拒否により、予算を確保できない米省庁が閉鎖となった影響もあって、2019年1月22日にCboeによりビットコインETF上場申請が取り下げられました。

その後、トランプ氏の予算案署名に伴って米政府機関も再開し、2019年1月30日に再申請が行われたビットコインETFで、約1年に渡ってSECにより審議されていることになるのです。

関連記事:【墨汁速報】米SEC ビットコインETF再申請を公式に発表。米政府新予算案で追い風か?

出典:SECURITIES AND EXCHANGE COMMISSION
(Release No. 34-84988 ; File No. SR-CboeBZX-2018-040)

3つのビットコインETFの審議延長

SECはVanEck SolidXビットコインETFの他に、NYSEとCboeによるビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)とウィルシャー・フェニックス(Wilshire Phoenix)によるビットコインETFの上場申請を審議しています。

新たなWilshire PhoenixのビットコインETF

Wilshire Phoenixは、2019年6月12日にNYSEにより上場申請された新たなビットコインETFであり、VanEck-SolidXの最終審議と違い、1回目の延期となります。SECのコミッショナーは、「合衆国法典78s項(b)(2)承認手順(A)」に基づき、申請から45日以内に承認または否決を審議を行いいます。この承認に、より長い期間を使用しての判断が必要である場合、さらに45日間延長することができるのです。

2回目の延長審は2019年の9月29日までですが、SECは最大で240日の審議期間を持つため、承認または否決の判断は2020年の2月頃に行われるということです。

出典:SECURITIES AND EXCHANGE COMMISSION
(Release No. 34-86631; File No. SR-NYSEArca-2019-39)

VanEck SolidXビットコインETFの最終期限

Wilshire Phoenixに対し、Bitwise Asset Managementも、2019年1月28日に米政府再開に伴っての上場申請がされています。つまり、両ビットコインETF共に今回の延長で伸びた期間が最後の審議期間であり、申請から240日以内となる10月中旬に承認または否決されるということになります。

BitwiseのビットコインETFの方がVanEckより早いため、Bitwise Asset Managementの上場審議は10月13日までに判断を行います。VanEck SolidXは最終審議期日が10月18日となり、約2ヶ月後までに発表されることになります。

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)価格高騰の反動でETF上場が認可されないとの憶測も
どうなるビットコインETFの承認?一般市民のフィードバックは否定的反応に傾く
【墨汁速報】LedgerX未承認により報道から一変”ビットコイン先物ローンチを否定”

▼ビットコインETFとSECのより詳しい解説は墨汁サロンの23,000文字のリサーチレポートにて配信しています。本サロンでは日々テクニカル分析と最新ニュース、価格に影響する技術についての相場影響などの詳しい考え方なども配信中!

ビットコインETF完全把握マニュアル~SEC委員会の傾向分析と対策~

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。