2019年8月26日〜30日のドル円為替の振り返り

2019年8月26日〜30日のドル円の為替の振り返りです。

2019年8月26日は、8月23日の米中追加関税の発表により、一気に円買いの動きから始まりました。

先週予想した通りこれは104.6円程度まで下がり、その後反発といった感じです。先週の記事は右記リンクを参照ください。【リンク

この反発を予想した要因は、リンク記事でも記載していますが、2018年3月に同じ箇所で反発しているため、そこがサポートラインになるのではないかと予想し、的中といったところでした。

しかし、予想外だったのは、現在レンジになっている106.7円までの戻りの速さでしたね。

もう少し戻ってくるのに時間がかかると思っていましたが、以下のツイートで紹介されている通り、中国総務省から「米中関係は良好」という発表がされた事で、一気にドル買いの動きとなりましたが、個人的には、

全く何も解決していない!

にも関わらず、なぜここまで円買いの動きになるのだ?といった感じです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

しかし、この発表がきっかけで、一気に円買いとなり、私自身は、40pips程度狩られてしまいました・・・(泣)

再度肝に銘じないといけないのは

予想は、あくまで予想であり、意固地になってはいけないという点です。

特に的中が続いている時こそ、意固地になりがちなので、その点は肝に銘じる必要がありますね。

では、来週の為替の予想は、明日発信します。

Source: 暗号通貨

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。