イーサリアムネームサービス(ENS)とは?OpenSeaで英個人名のオークションが開始

イーサリアムネームサービス(ENS)とは?OpenSeaで英個人名のオークションが開始

イーサリアムネームサービス(ENS)とは?

ENSとは、イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンにおけるDNS(Domain Name Service)のようなものです。例えば、bob.eth、alice.ethのような独自の文字列を自身のブロックチェーンアドレスとして使用することができます。

現在では、イーサリアムのアドレス・公開鍵を「0x32Be343B94f860124dC4fEe278FDCBD38C102D88」というように指定することが一般的ですが、bob.ethをアドレスとして識別することができれば、人間が読むことができ、利用しやすくなります。Facebook.comやgoogle.comと書くドメインサービスと同様です。

ENSでは1つのネームアドレスを取得した場合、サブネームも自由に設定できます。例えば、bob.job.ethという具合で、ボブの仕事用のアドレスのような使い方ができます。

ENSのチームはGethのデベロッパーであるニック・ジョンソン(Nick Johnson)氏、Mistのデベロッパーのアレックス・ヴァン・サンデ(Alex Van Sande)氏と、クリス・レムス(Chris Remus)氏らがリードして開発され、2017年にローンチしました。ENSはブロックチェーン上のスマートコントラクトで構築されています。

英語名のENSのオークションがOpenSeaで開始

ドメインの売買が行われるようにENSの売買も同様に行われています。6万6,000件ものENSが、コレクティブルマーケットのOpenSeaで出品されています。

ENSが出品されたOpenSea
出典:OpenSea

サイトドメインと同じく人気のあるドメインには高額な値段がつきます。ちなみに、これまで最も高額だったENSは、「darkmarket.eth」は2017年5月に当時のレートで6億円相当のETHで取引されました。

今回、ENSチームはOpenSeaでの英語名のオークションを開始しました。BobやJhon、Ericなどの一般的な前のENSをオークションにかけて、販売します。今回の販売における収益はENSチームの活動費になります。

もしこれで値段がついたら、日本の一般的なENSを先に取得しておくと将来値上がりすることもあるかもしれません。ENSの取得は、他の誰かに取得済でないものであれば、自由に取得可能です。もし興味があれば、自分の名前や会社名でENSを取得してみると良いでしょう。ENSの取得が一般的になる頃には価格が高騰してしまっているかもしれません。

参考
OpenSea

【こんな記事も読まれています】
ブロックチェーンゲームに使われているトークンの概要とセカンダリーマーケットについて
ブロックチェーンカードゲーム「クリプトスペルズ」クラウドセール実施、4倍以上の価格も!
NFTのセカンダリーマーケットとゲーム領域以外の活用事例とは?


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。