仮想通貨とブロックチェーンは、一体何が革命的なのか?2つのポイントを指摘。

スクリーンショット 2017 12 30 9 54 23

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

しれっとすばらしい翻訳をぶち込んでくるUesugiクオリティ!このスレッドはかなり面白いです。

ざっと見て思ったのは、

  1. 著者が指摘している課題は、技術革新によって解決できる点が多数ある。
  2. ブロックチェーンと仮想通貨によって、今まで金銭化されていなかった価値がお金になる。
  3. それによって、世界中の個人が自由に価値を交換・融通できるように未来を捕捉できていない。

という感じですかね。

仮想通貨とブロックチェーンの革命性。

今の資本主義って、ほんとうは価値がある存在や行為を、十分に「価値化」できてないんですよね

これを解決するのがブロックチェーンと仮想通貨だと見ています。

「トークン化」という流れはわかりやすい事象です。

たとえば「配当型トークン」を日本の中小企業が発行できるようになれば、そこにお金は流れるわけです

そもそも、そこに価値はありますからね。ぼくも投資したい中小企業はたくさんあります。「なぜか」今の制度だとできませんが……。

関連記事:提言:配当型トークンの規制緩和を!

加えて、新しく表出した価値は、世界中の個人が交換・融通できるものとなります

たとえばイケハヤの経営する会社の株式を、配当型トークンにします。

トークンを持っていれば、うちの会社の利益が自動的に還元されます。従来的な株と同じようなイメージです。

トークンの購入にあたっては本人確認も不要。年齢も性別も国籍も関係なく、うちのトークンに投資できます。流動性があればDEXでいつでも売却できます。

「中小企業が配当型トークンを発行&世界中の人がそれに投資する」という流れは、ブロックチェーンと仮想通貨じゃないと、たぶん無理なんですよね。現在の経済・法律のシステムでは、面倒臭すぎて無理です。

というわけで、ブロックチェーンが真に革命的なのは、

  • 現行の資本主義では価値化されなかった資源が、金銭的な価値を得る
  • その価値を世界中の個人と「トラストレス(相手を信頼する必要なく)」にやり取りできる

この2点だと理解しています。

注意深く見ると、これって、「インターネット」という技術の延長なんですよね。

ネットによって埋もれていた価値が社会に出るようになり、世界中の人とつながることができるようになった。

イケハヤだって、ネットがなければ今ごろサラリーマンとして消耗していたはずなのです。みなさんとつながることも、もちろんありません。

ブロックチェーンと仮想通貨は、こうした現象をさらに飛躍させる技術なのです。

もちろん短期的に見ればさまざまな課題はありますが(バブル崩壊もあるでしょう)、インターネットがそうであったように、長い目で見ればインフラレベルで普及するものになると思いますね。

というわけで、イケハヤは仮想通貨に投資しているわけです。銘柄まとめも作ったのでどうぞ。

関連記事:【2018年版】独断と偏見で選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!

//platform.twitter.com/widgets.js

Source: まだ仮想通貨持ってないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。