仮想通貨・暗号通貨取引所への攻撃に対し今後は取引所+の「ハイブリッド」な解決策に移行していくと予想される。

レンドロイドは共に安全な暗号通貨の未来を構築するにはプラス部分を保持しながら中央集権の存続にノーと言い続けることが大事だと考え、尽力しています。

ここ数週間に渡って世界最大級の暗号通貨・仮想通貨の取引所が攻撃を受けた。
攻撃ベクトルは2つに分かれてて、主な攻撃はDDoSであり、どんどん悪化しているとBitfinexは述べています。
2番目の攻撃ベクトルも破壊的であり、メディアやコミュニティ自体から流れてくるものだ。
過去6年間で16件の重大な違反が見られ、暗号化された通貨の盗難総額は330億ドル以上にのぼる。トレーダーは揮発性の機会により50%から100%の収益を得ることに興奮しているが、同時に常に差し迫る攻撃にも恐怖を感じているのだ。

単に取引所を嫌うこと、また取引所を変えることが解決策ではない。
今後は取引所+の「ハイブリッド」な解決策に移行していくと予想される。

レンドロイド公式ブログより(英語)

Source: レンドロイド正規販売代理店公式サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。