仮想通貨トークンサミットにおける著名人スピーチ、革命的要素のまとめ

ワインにおいてはテイストの話になるが、トークンサミットにおいてもテイストと未来予想が2日間においてのテーマとなった。
暗号コミュニティを次のレベルに持ち上げる会話がサミットでは交わされた。

規制をまず取り上げてみよう。

あらゆる不信や恐怖を煽るような内容がこの業界では常だが、トークンサミットだと単に話が専門的になってくるのだ。
6ヶ月後に暗号通貨は証券として見なされ、強制的に規制が入るという話が上がるのも想定内だろう。
Lowell Ness氏とStan Miroshnik氏によると、
最低でも約50億円の流動資産の換金能力がないと、
ブロックチェーン上で持続可能な取引プラットフォームが成り立たないと推測している。

”現在では1500ものトークンが存在しており日に日に増えています。規制のネックとなるのは取引所であろう”と語っています。

レンドロイド公式ブログより(英語)

レンドロイドジャパン

Source: レンドロイド正規販売代理店公式サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。