【タイムイノベーション】Horos(ホロス)プロジェクトの全貌が明らかに

公開されましたので、個人的に気になる点をいくつかピックアップしたいと思います。

Horos とは?

Horos(ホロス)とは日本でも話題となったタイムイノベーション社のクロノコインに次ぐ第二弾プロジェクトです。

こちらをご覧ください。

HRSトークンの具体的な用途と価値の裏付けに関して

マイニング収益年利50%

月利4%程度のマイニング収益が得られるようです。詳細は確認中ですので、わかり次第追記したいと思います。

詳細はこちらでも確認できます。

プリペイド式クレジットカードの発行と1%手数料割引

HRS を保有し続けることで、仮想通貨対応のプリペイド式クレジットカードを発行できます。

条件としてはわずか5000円分の保有しておくだけです。

  • クレジットカードを郵送で受け取る
  • ユーザーはBTCなどの暗号通貨をHRSのウォレットへ入金する
  • ウォレット内でBTCから USDへ変換する
  • ユーザーが店舗にてクレジットカードを使用すると同時に相当分額のUSDを引き落とす

このような流れで利用ができます。MasterCardなので、日本だけでなく海外でもおそらく使えるかと思います。

さらに、これだけでなく、HRS で支払いを行うと、BTCの場合より半額の1%しか手数料がかかりません。

このサービスは利用者が増えるほど、HRS トークンの買いの需要に繋がります。

その他にも、マイニング報酬のための保有継続やクレジットカードの取得条件による需要増加に加え、1%の手数料分のHRSトークンの流通量減少、マイニング報酬の一部燃焼による流通量減少などがあるため、長期的に価値が上がる仕組みがあります。

ロードマップに関して

2019年までに、取引所上場とテストネット開発開始

2020年にテストネット運転とHrosDRS開発開始し、HrosSCテストネットの開発も開始されます。

2021年にメインネット運転開始し
HrosDRSテストネットと、HrosSCテストネット搭載

そして2022年にはHrosDRSメインネットと、HrosSCメインネット搭載されます。

上場取引所としては、二社が確定しており、coinbeneの件もありましたので、マーケットキャップも上位の取引所です。年内上場予定です。

発行元に関して

以下参照下さい。

プライベートセールに関して

一般販売はありません。代理経由でプライベートセールで購入できます。10月末です。

購入されたいかたは、通しますのでお問い合わせください。

Source: BAB

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。