香港証券先物委員会(SFC)は、「仮想資産」に投資するファンドマネージャー向けの規制を発行しました。

香港証券先物委員会(SFC)は、「仮想資産」に投資するファンドマネージャー向けの規制を発行しました。

10月4日の発表で、金融市場ウォッチドッグは、昨年11月に発表されたフレームワーク正式化し、  ポートフォリオの10%以上を仮想資産に割り当てるファンドを規制することを目指しました。

すぐに有効な37ページの規制は、仮想資産を、デジタル通貨、ユーティリティトークン、またはセキュリティまたは資産担保トークンなどの「デジタルトークンの形式である可能性のある価値のデジタル表現」として定義します。

また、代理店の既存の条例に基づく「証券」または「先物契約」の定義に該当するかどうかに関係なく、本質的に同じ性質の他の仮想商品、暗号資産またはその他の資産も含まれます  

それ以外は、SFCによって一般に認可されているファンドマネジャーに関する既存の規制に準拠しているため、このドキュメントはかなり広範です。

たとえば、暗号資産に投資するファンドマネージャーは、SFCのタイプ9(資産管理)ライセンシーの最小要件と同様に、少なくとも300万香港ドル(382,000ドル)の資本を保有している必要があります独立したコンプライアンス担当者を任命する必要があり、詳細なコンプライアンス手順を作成する必要があります。

暗号ファンドマネジャーは、サードパーティのカストディアンを任命する必要があり、ファンドとファンドマネジャーの資産は別々に保たれなければなりません。また、フィアット通貨は、認可を受けた香港の金融機関またはSFCによって承認された管轄区域で個別に保管する必要があります。

カストディアンを選択する際、ファンドマネジャーは、機関が仮想資産に対処できること、およびウォレットなどの関連概念を理解していることを確立する必要があります。特定の要件が満たされている場合、SFCは自己管理を許可します。

取引の面では、SFCは、仮想資産取引プラットフォームを使用する前に、ファンドマネージャーが暗号取引所で広範なデューデリジェンスを行うことを要求しています。 

参考資料:https://www.coindesk.com/hong-kong-securities-watchdog-issues-rules-on-funds-investing-in-crypto 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。