イーサリアム企業連合、ブロックチェーン仕様の新バージョン発表 「Devcon 5」で検証実施

企業向け標準仕様の新バージョン発表

イーサリアムブロックチェーンの企業利用を促進するイーサリアム企業連合(Enterprise Ethereum Alliance:以下、EEA)は8日、EEAの標準仕様がトークンベースのブロックチェーンエコノミーにどう貢献しているか検証を行うと発表した

本発表は本日から4日間、大阪で開催される世界最大のイーサリアム開発者カンファレンス「Devcon 5」で行われた。今回の検証はイベント期間中にワークショップ等を通して実施される。

本イベントでは標準仕様の新しいバージョンである「EEA Enterprise Ethereum Client Specification V4」と「EEA Off-Chain Trusted Compute Specification V1.1」を発表。説明文書も無料でEEAの公式サイトからダウンロードすることができる。このオープンな仕様が普及することで、企業向けのイーサリアムソリューションが世界に拡大すると期待されている。

異なるブロックチェーン同士の相互運用性を高める「EEA Enterprise Ethereum Client Specification」はバージョン4となり、ブロックチェーンのネットワークに貢献するメンバーの活動に基づき、プライバシーと許可の仕組みの最適化を進めた。

オフチェーンを活用して処理を円滑化する「EEA Off-Chain Trusted Compute Specification」の今回のバージョンは1.1で、いくつか改良を加えているという。

EEAのエグゼクティブディレクターRon Resnick氏は今回のイベントについて、「2019年はイーサリアムの市場での受け入れが進んでいる。『Devcon 5』は、EEAの仕様を採用したイーサリアムが、トークン化された企業ソリューションを通して、実世界でどのように価値を生み出しているかを実感できるイベントになるだろう」と自信をみせた。

Resnick氏は、「Devcon 5」でイーサリアムのコミュニティと共催するオープンフォーラムや、メインネットのワーキンググループの会合への参加を呼びかけている。EEAが主導するセッションでは、企業がイーサリアムのメインネットでサービスを行うために必要な条件を議論する。

世界最大のイーサリアム開発者カンファレンスである「Devcon 5」が、今日10月8日に大阪で開幕した。同カンファレンスは今日から10月11日までの4日間開催される予定だ。CoinPostも現地参加、取材を行う予定だ。

登壇者はおよそ180人にのぼり、その中には、イーサリアムの共同設立者であるVitalik Buterinをはじめとして、天才プログラマーとして知られる台湾のIT大臣Audrey Tang氏など著名人も多数登壇を予定している。

来場者数は四日間で延べ1万人以上を見込んでいる。会場内では食事も提供され、おにぎりや緑茶、日本の駄菓子など日本ならではの食事も振る舞われ、現地では盛り上がりを見せている。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=111170 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。