複数資産で担保可能なステーブルコイン「Dai」、11月18日にローンチへ

担保資産を増加へ

Maker FoundationのCEOであるRune Christensen氏が、複数の資産での担保が可能になるステーブルコイン「Dai」を、11月18日にローンチすると発表した。

Daiは、仮想通貨で担保することによって発行されるステーブルコインだ。

MakerDAOのプロジェクトで運営され、ユーザーがイーサリアム(ETH)を担保資産としてロックすることで、イーサリアムブロックチェーン上で発行できる仕組みになっている。今回発表されたのは、ETH以外でも担保ができるようになるDai(Multi-Collateral Dai 以下:MCD)だ。

Christensen氏は、MCDでは担保をロックするスマートコントラクト(CDP)の種類を追加し、Daiをロックしておくと利息を得られる機能も追加すると説明。金融の分散型アプリケーション(dApps)のバックエンドに、Makerのプロトコルを統合する際にもMCDは有用だという。

Christensen氏は今回の発表に際し、「MCDのローンチはMakerDAOのプロジェクトにとって重大な出来事だ。DeFi(分散型金融)の未来に強いインパクトを与えられるようなターニングポイントになる」と述べた。

2019年第3四半期のレポートによると、この4カ月間でDaiのアクティビティは急増している。その上昇は4倍以上だ。特に9月はDaiの送金や受け取りを行うアドレスが急増した。

出典 : MakerDAO

今年6月には、大手仮想通貨取引所コインベースが運営する仮想通貨の学習ポータルサイト「Coinbase Earn」で、学習の対価としてDaiを受け取れるようになっている。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=111764 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。