バイナンス(Binance)の分散型取引所がXRPに裏付けられたXRP-BF2を発表、その特徴とは?

バイナンス(Binance)の分散型取引所がXRPに裏付けられたXRP-BF2を発表、その特徴とは?

世界大手の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)の分散型取引所であるバイナンスDEXが10月10日、独自開発したブロックチェーンであるバイナンスチェーンによって管理されるXRPのXRP-BF2を発表した。XRP-BF2はバイナンスDEXに10日付で上場しており、XRP-BF2/BNBの取引ペアで取引可能である。

バイナンスのジャオ・チャンポン(Zhao Changpeng:CZ)最高経営責任者(CEO)は同日ツイッターで、XRP-BF2はXRPに100%裏付けられている、シンボルはXRPBではなくXRP、バイナンスから送金する時には元々のXRP版とXRP-BEP22版を選べる、バイナンスDEXで非カストディアンとして取引するとXRP-BF2の4つの特徴を説明している。

https://platform.twitter.com/widgets.js

バイナンスDEXを使用する方法

バイナンスDEXはバイナンスチェーンにより管理されている分散型取引所である。100以上の銘柄が上場しており、全てBNBとの取引ペアとなっている。2019年9月以降バイナンスDEXでは、日本やアメリカなど多くの国や地域からのアクセスが制限されている。しかしログインしていなくとも各取引ペアのチャート確認やテクニカル指標の利用は可能である。

バイナンスの公式ウォレットであるトラストウォレット経由であればバイナンスDEXでの取引も行える。ただし指値を入力することはできないため、取引時の価格のみでの取引となる。また取引数量は全銘柄共通で10単位となっており、1桁以下の数量を指定することもできない。

XRPとXRP-BF2の違いとは?

XRPはXRP Ledgerという分散台帳技術で管理されているが、XRP-BF2はバイナンスチェーンによって管理されている。このためXRPとXRP-BF2では、トランザクションを確認するエクスプローラーが異なる。

またXRPとXRP-BF2では、対応するウォレットも異なる。XRP-BF2を保管するためには、バイナンスチェーンに対応しているトラストウォレットやLedger NanoSなどのウォレットが必要になる。

最後に最小送金数量や送金手数料にも違いがある。バイナンスからXRPを送金する条件は、最小送金数量0.5XRP、送金手数料0.25XRPである。これに対してXRP-BF2をバイナンスから送金する条件は、最小送金数量0.13XRP、送金手数料0.063XRPとなっている。

リップル(XRP)の価格・相場・チャート

参考
Binance DEX Will List XRP-BF2(XRP)

【こんな記事も読まれています】
バイナンス(BINANCE)登録方法・口座開設・アプリの使い方手順を解説!
バイナンス(Binance)の情報セキュリティ国際規格取得が示唆すること
世界最大の仮想通貨取引所バイナンス、最近の注目すべき動向を整理

文:かにたま

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。