歴史は繰り返すか?ビットコインのハロウィーンパンプ記念日がすぐそこに

現在ビットコインは方向性が定かではない、しかし大転換は不意にやって来るものだ。

2015年、ビットコインは突如吹き上げ、300ドルを初めて超えた。これはちょうど、ハロウィーンの時期であった。

https://platform.twitter.com/widgets.js

ちょうど4年前、ビットコインは私がいつも心に留めている「ハロウィーンパンプ(吹き上げ)」を経験しました。ハロウィーンの数週間前に価格が50%上昇し、ついに2015年の新年から長引く300ドルの上限を突破したのです。

2017年以降、ビットコインにとって、このような価格上昇は珍しいことでは無くなったが、2015年にはBTCは未だとても新しく、今とは違う評判がついていた。はるかに少ないボリュームで、まだマウント・ゴックス事件の打撃から動揺していた。BTCはかなり劇的な動きをしたのだ。

「ハロウィーンパンプ」はその約1年前に同様のイベントで起こっていた。2014年10月6日、30,000BTCを300ドルで大量売りしたクジラを噛み砕いたのだ。一気にその30,000BTCが食われた後、価格は更に高くなった。

もちろん、BTCの価格は300ドルよりもずっと低かった頃の話だ。しかし、毎年、最後の四半期には大抵、BTCにとって大きな驚きをもたらした。2017年の秋は特に劇的で、19,600ドルを超える、当時、史上最高のBTC価格を生み出した。

BTCは引き続き年末の上昇を望んでいる

今期の残念な第3四半期の後、BTCは停滞から抜け出す可能性のある兆候を再び探している。予測されたシナリオは、突然の価格下落から6,000ドル以下のレンジへ、というものから、突然の反発まで様々だ。これまでのところ、BTCは15,000ドルという最高値予測の期待を満たしておらず、13,800ドルまでしか上昇していない。

現在BTCは、2015年のレベルを数千倍も上回る幅広い採用とマイニングにより、はるかに大きな形になってきている。また、このコインは長い下げ圧力や幾度にも渡るハードフォークを生き延び、BTCの主導的地位を揺るがすほどの他のコインは現れなかった。

「ハロウィーンパンプ」が間近にきているかどうかは確認されていない。ここ数週間、短期的なパフォーマンスは特に期待できるものではない。BTCは1日で下落し、一時的に最低値である7,000ドルの予測もあがっている。

最初のハロウィーンの上昇と現在の大きな違いは、ビットコインの時価総額のドミナンスが現在69%前後で推移しているのに対し、2015年には約90%だったということである。現在、アルトコインはより流動的で影響力が強くなり、複数の資産がビットコイン市場から切り離され、独立して結集している。

出典:https://bitcoinist.com/bitcoin-btc-nears-halloween-pump-anniversary-will-history-repeat/
Bitcoin (BTC) Nears Halloween Pump Anniversary, Will History Repeat?

Source: TradeBitLab

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。