イーサリアム・ブロックチェーン上のドメイン「.crypto」、登録受け付け開始 「仮想通貨送金などにメリット」

112 

著名投資家ティム・ドレイパー氏が支援するアンストッパブル・ドメインズ(Unstoppable Domains)が10月11日、仮想通貨イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上のドメイン「.crypto」の登録受け付け開始を発表した。任意の暗号通貨アドレスを「myname.crypto」など自分のドメイン名に接続すると、このドメイン名だけで第三者から仮想通貨を受け取れるようになるという。

数値の羅列となっている仮想通貨アドレスによる負担を軽減

プレスリリースによると、アンストッパブル・ドメインズの顧客は、任意の暗号通貨アドレスを自分のcryptoドメインに接続できるという(20種類以上の仮想通貨に対応)。第三者から支払いを受ける際は、「myname.crypto」など自分のドメイン名を教えるだけだと説明した。

また、以前zilドメインを販売した際には10万以上の購入があり、暗号通貨コミュニティが強い関心を示していると明かし、長々とした数値の羅列となっている仮想通貨アドレスを利用せずに済ませることで暗号通貨決済を簡素化し、普及につなげたいと考えているそうだ。

アンストッパブル・ドメインズの共同設立者兼CEOのマシュー・グールド氏は、次のように述べた。

「仮想通貨コミュニティの派閥意識がテクノロジーの普及を遅らせている。『.crypto』は、仮想通貨決済や仮想通貨ウォレットで使用されることを意図したドメインだ。」

仮想通貨の送金以外の利点

このほか決済以外の、ブロックチェーン上のドメインのメリットとして、(分散型ファイルシステム「IPFS」にデータを保存する仕組みのため)企業・政府ににはウェブサイトの表示内容を制御できないこと、インターネット上のドメイン名・IPアドレスなどを管理・調整している非営利団体ICANN(アイキャン)の管理下にないこと、一度購入すれば更新料が必要ないこと、第三者へのドメイン移管が可能でドメイン管理・登録事業者が必要ないことを挙げた。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/tim-draper-bets-on-new-crypto-domain-to-replace-wallet-addresses 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。