「次回BTC半減期は価格上昇に繋がらない可能性」最大手マイニング企業CEOが読む仮想通貨業界今後の推移

半減期を期待しすぎるべきではない

中国のマイニング大手ビットメインの共同設立者兼CEOであるJihan Wu氏は、仮想通貨市場が周期的に動いていることを理由に、2020年と予想されている次回のBTCの半減期が強気市場につながらない可能性を指摘した。

同氏の発言は、フランクフルトで開催されたワールドデジタルマイニングサミットの際のもので、中国の業界ニュースアウトレット8BTCが報じた。

発行量をコントロールする目的で実施される半減期では、マイナーの報酬額が半分に減るという特徴があり、市場に供給される新規発行分が減少することで、中長期の価格上昇ファンダメンタルズと捉えられる重要イベントだ。

実際の市場影響としては、ビットコインの知名度が低かった2012年の第1回目の半減期では、特に目立った値動きは見られなかったものの、2016年7月の半減期では、大幅な価格の上昇を伴う上昇トレンドを記録。他のアルトコインでも半減期を意識した価格上昇が確認されている。

直近で半減期を終えたLTC(ライトコイン)は、市場全体の上昇トレンドも重なり、2019年2月から6月中旬にかけて5倍近い価格の高騰を記録している。こうした背景から、「次回のBTC半減期でも価格が急上昇するのではないか」という期待感は、投資家の間で依然かなり高いと言える。

しかし、マイニング業界かつ仮想通貨市場にも精通するジハン氏はそう楽観的には考えていないという。

ジハン氏曰く、ライトコインの半減期と比較するとBTCの半減期にはサイクルがあり、BTCの弱気市場から強気市場のサイクルは長期化している。つまり、「半減期と弱気・強気のサイクルが必ずしも一致するものではない」というのが、同氏の見解だ。市場のサイクルに従えば、いずれ強気市場に突入し、価格は長期的に上昇するというわけである。

長期的な価格上昇の可能性は肯定するも、必ずしも今回の半減期を期待しすぎるべきではないとの見解だ。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=112257 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。