Kok(Kok Play)配当ウォレット に関して

Kok(Kok Play)配当ウォレット に関して

Kok(Kok Play)は、2019年10月からスタートした大規模な韓国系のプロジェクトです。

skytexと時期がかぶり、運用するかどうか個人的にも悩んでおりましたが、内容が非常に面白かったので今回案内することにしました。

構築済みのゲームプラットフォームの収益をベースに、今回配当ウォレットという形で事業拡大に動いてます。

実業ベースの配当ウォレットということで、アジア圏、特に中国で流行れば面白くなると思います。

  • 今後、トークン価値が数十倍〜数百倍に上昇する可能性あり。
  • 初期マーケティングのボーナスがある為、早期投資が圧倒的に有利。
  • ウォレットは、非常にシンプルで使いやすい仕様

Kok(Kok Play)とは?

Kok(Kok Play)は簡単に言うと、今急速に伸びている「世界のデジタルコンテンツ市場」に「AIとブロックチェーンを繋ぐ」次世代コンテンツプラットフォームです。

コンテンツの一部の動画をご紹介します。

Kokの事業内容としては、4兆円規模と言われる中国市場がメインターゲットです。

その大きな収益源となるのが、Kok(Kok Play)のために作られたゲームプラットフォーム「ホテルの王」です。

我々ユーザーは、KOkコインを利用してホテル建設を行うことで収益を上げることができます

いわば、ユーザーがゲームをしながらマイニングをするような形ですね。

このゲーム内で不動産オーナーになるためにはKOKトークンが当然必要になるため、ゲームが流行れば価値の上昇にも当然繋がることになります。

その他にも、Kok(Kok Play)は様々なコンテンツを所有してます。

  • Payment機能を利用して、オンラインショッピング等でも利用可能(ショッピングモール運営、オンラインマーケット等からの収益戦略もあり)
  • 2019年12月からは、Feelway(韓国大手ブランドECモール)との提携によってKOkトークンでの買い物も可能になる予定。
  • 集められた資金は、AIによる「自動売買」によって運用され、さらなる収益拡大も図られる予定

なので、簡単にいうと、「配当利益」「事業収益」「KOkトークンの価値上昇による利益」などが期待できるものとなってます。

複数の収益源を持って、大きく成長させていく有望プロジェクトになっています。

さらに、オンライン大手のNEXONが7億円を出資したと言われる分散型のゲームアプリがなんと、独占的にKokPlayのゲームプラットフォームで公開予定です。

NEXONと提携してるわけではありませんが、規模が大きいです。

KOKは事業の主体が配当ウォレットではなく、規模拡大の糸口として利用しているため、仮想通貨ユーザーに加えて、既存のゲームユーザーも確保できています。

さらに、「Kok(Kok Play)」は、2019年10月12日に一斉スタートした新規案件ですので、今、投資をすることによって「先行者利益」を獲得することが容易に可能です。

※日本、アメリカ、中国、香港、韓国、台湾、ベトナムなど、複数の国で同時展開されます。

運営母体は韓国系でまとまっています。

KOkトークンに関して

総発行予定量:300億枚
流通量:90億枚
事前発行量:1億8000万枚
価格:1YUAN(約15円)
※毎日限定された量の支給によって、KOkトークンの価値が持続的に上昇する仕掛けになっています。

ちなみに、KOkトークンの決済可能店舗については、既に2000店舗を確保済みとのこと。
※2020年より決済導入開始予定。

Kok(Kok Play)の配当に関して

配当に関しては、以下の通りですが、10000$以上の運用で最大20%の月利益が得られます。

・投資額300USD〜1499USD → 月利4〜8%
・投資額1500USD〜9999USD → 月利9%〜11%
・投資額10000USD以上 → 月利12%〜20%

※投資可能額300USD〜
※原資価値をUSD(ドル)基準で保障(収益の安定性を確保)
※配当の複利運用可能
※ロックした資金は、いつでも出金可能(手数料:30日以内の場合は5%、60日以内の場合は3%)

また、Kok(Kok Play)を紹介することによって、報酬を得ることも可能です。

・1世代/紹介の収益の100%(直紹介1人)
・2世代/紹介の収益の20%(直紹介2人)
・3〜5世代/紹介の収益の10%(直紹介3〜5人)
・6〜10世代/紹介の収益の5%(直紹介6〜10人)
・11世代〜/レベルに応じて

内容としては、申し分のない配当ウォレットですが、やはり流行らないことには爆発的な収益増加には繋がらないと思います。

今から、年内までの数ヶ月運用してみて、中国市場がどの程度反応してくるか

いずれにしても、2019年10月12日からの一斉スタートですので、第一陣として投資することによって(初期マーケティングのボーナスなども含めて)「先行者利益」が得られる可能性は十分にあるでしょう。

何より、ホテルの王で不動産オーナーになれるのは数が限りがありますので、今のうちです。手に入れることができれば、完全な権利収入になる可能性も高いです。

Kok(Kok Play)の登録方法

それでは、「Kok(Kok Play)」への登録ですが、以下のURLから簡単にできます。
※2分程度で完了できます。

登録はコチラから
※紹介コード:ORCTKSNX

また、以下のQRコードからも可能です。

まずは、アプリのダウンロード方法です。アンドロイド版、iPhone版、両方載せておきます。

次に、ユーザーアカウントの登録方法です。

紹介コード:ORCTKSNX

以上で、アカウント作成は完了ですので、次に、入金を行いますが、アプリの「ウォレット画面」に行き、入金したい仮想通貨(「ETH」or「USDT」)を選びます。
※今回は、ETHを選んでみます。

すると、以下の画面になりますので、「入金」をタップ。

そして、表示される「ウォレット住所」をコピーして、送金元の仮想通貨取引所やウォレットにて入力し、送金手続きを完了します。

最後に、「ステーキング(配当を貰うための作業)」を行います。

今度は、「マイニング画面」に進んで、着金した仮想通貨(今回はETH)の「入金」をタップ。

すると、以下の画面になりますので、ステーキングする数量(金額)を入力して、「入金」をタップして完了です。

こちらで、配当が得られるようになりますので、随時、アプリで配当状況を確認していきます。

最後に

運用のコツですが、KOKの場合、最大の魅力がホテルを建てられ、そのマイニング収益が得られる。という点です。

リスクはやはりこれだけの案件が乱立してるなかで、認知度が果たしてどれだけ上がっていくのかということですが、

流行らなければ、KOKは廃れていきますし、流行れば爆発的な利益に繋がります。

とはいえ、やはり先行者が有利であることには間違いないです。10月12日にスタートした案件であり、年内を目安に3ヶ月運用してみて、そこでロックを解除して、元本確保することもできますし。

配当比率も初期はマーケティングの一貫として、顧客を引き付けて利益を出させる必要があるため、高い方ですし、配当されるトークンの価格も初期で最安値なので、一番効率的に集めることができます。

あとは、原資さえ抜ければ、配当生活が待っています。

配当ウォレット系の案件は別記事でまとめたいと思います。

Source: BAB

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。