HTCの最新ブロックチェーン携帯電話でビットコインフルノード実行可能

台湾の電子機器メーカー「HTC」は、ユーザーがビットコインネットワークをサポートできるようにする最新のブロックチェーン・スマートフォンExodus 1s」を発売した。

https://platform.twitter.com/widgets.js

ベルリンで行なわれたライトニング・カンファレンスで19日にデバイスを公開し、同社はこの新製品がフルビットコインノードを実行できるはじめてのスマートフォンであり、トランザクションやブロックをどこにでも伝播できると述べた。

新しいスマートフォンは「219ユーロ(244ドル)」の価格で市場に登場する。これは、前身であるExodus 1の約3分の1の価格となる。

このデバイスにより、ユーザーは400GB以上のSDカードをインストールしてメモリを拡張できるため、ビットコイン台帳全体を保存するのに必要なデータ容量の増加に対応できるようになる。フル台帳の現在のサイズは250GBに迫っている。

また、このスマートフォンには、ユーザーが暗号通貨を安全に保管できるようにハードウェアウォレットが組み込まれている。デフォルトでは、4GBのRAMと63GBのストレージが搭載され、Android Oreo 8.1で動く。

新しいスマートフォンは、ドイツ、ギリシャ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦など、ヨーロッパと中東の27か国で利用できる。

スマホメーカー、ブロックチェーン業界に参入が進む

HTCのデバイスは、新生のブロックチェーン専用スマートフォンを発表し、話題の業界に着手した。

この他、ブロックチェーンの新興企業であるSirin Labsは最近、電子機器の製造大手であるFoxconnと提携してブロックチェーン・スマホのFinneyを発売し、サムスンは春にGalaxy S10を発売した。LGも、今後のデバイスでブロックチェーンスペースに移行すると噂されている。

仮想通貨の売買以外に、スマートフォンメーカーは、個人情報のセキュリティを懸念するユーザーを安心させる方法として、ブロックチェーンテクノロジーにますます注目している。

出典:https://www.coindesk.com/htcs-latest-blockchain-phone-can-run-a-full-bitcoin-node
HTC’s Latest Blockchain Phone Can Run a Full Bitcoin Node

Source: TradeBitLab

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。