ネム財団理事長、顧客目線の「カタパルト」ブランド構築で決意表明

Tinsman理事長が語るブランド力

NEM財団の理事長を務めるAlex Tinsman氏は18日、ネムの「Catapult」事業に関して、パートナーとのビジネス商談を進めていた事を明かした。今後、事業を進める中で見聞を広めていくとしており、カタパルト自体のブランドも顧客目線で考えていく意向を示した。

1/ I’ve spent the past week in London working on Catapult with our partners and am reflecting on the many ways we take in information and process what we see, hear, feel. Brands are born from stories. How we tell those stories matter. This is true with technology brands as well.

Twitterで画像を見る

25人がこの話題について話しています

ブランドについては、事業のストーリーから生まれると発言したTinsman氏、ストーリーの伝え方は非常に重要であり、技術側面のブランドも同様であるとした。

特に、象徴的なブランドはプロダクトを介して価値を届けている『相手』に著しくフォーカスしているとTinsman氏は分析。「顧客に何が必要なのか、何を求めているのかは現時点だけでなく将来時も視野に入れなければいけない。」とカタパルトプロジェクトの価値向上に意欲を示した。

プロダクトは、顧客と市場の関係性を失えば、価値もなくなってしまうと考えているという。

理事長の「象徴的なブランドの存続に必要なものは何か」との問いかけに対しては、SNSのユーザーなどから「コミュニティへのリーチは非常に大事だ。プロダクトを利用している人々に直接声を届けることだと考えている。」とのコメントも見られており、理事長も賛同する意を表した。

成功するブランドは、有意義なビジネスチャンスに繋げ潜在的価値を生み出し、カスタマイズされたものを提供することで規模を大きくする。その上で、ブランドから物語は生まれ、ブランドへの忠実性も高まると考えているという。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=113094 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。