量子コンピューターは脅威なのだろうか?

今回は管理人のつぶやき的な記事です。

Yahoo!ニュースにて
ビットコイン相場が急落 量子コンピュータの動向警戒か

「量子コンピューターがスーパーコンピューターを超えた」という23日の米グーグルの発表のあと、代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインの価格が急落した。
今回の発表で、ビットコインなどに使われている暗号技術の安全性が保証されなくなるという警戒感が広がったためとみられる。

とのニュースがありました。

今までのコンピューターでは何年も(何万年も?)かかるような計算を30分で計算できるほどの能力を持つ量子コンピューター。
それだけの処理能力があるなら、ブロックチェーン上にある秘密鍵もやすやすと解いて、他人の資産を盗めるようになるのでは?と言う懸念があるそうです。

ですが、カルダノのエイダコインには耐量子コンピューターの機能を搭載される予定だそうで、ロードマップにも

耐量子コンピューター電子署名方式 耐量子コンピューター電子署名方式であるBLISSを採用した新たなトランザクション方式を追加します。
これにより、現在一般使用されている楕円曲線暗号を破ることのできる量子コンピュータが開発されたとしても、資金が盗まれるのを防ぐことができます。

との記述があり、技術的に量子コンピューターに抵抗できる数少ないコインとなるそうです。

もちろん、取引所がサイバー攻撃を受けたり、個人のパソコンへの攻撃で漏洩する可能性はゼロではないですが、仕組みとしては堅牢なのだそうです。


Source: 非公式エイダコイン情報メモ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。