RippleはXRPの使用の拡大を後押し

リップルは過去数週間、特に同社が製品のブランド変更を開始した後、多くの注目を集めています。

たとえば、すでにご存知かもしれませんが、同社は現在、On-Demand Liquidityとして知られているxRapidのブランドを変更しました。

デジタル資産と主流の採用

それ以外に、RippleはXRPエコシステムを強化し、デジタル資産の採用を強化するために多大な努力払ってきました。

一方、暗号の主流の採用について言えば、先日、Ripple CEOがBTCやXRPなどのデジタル資産がすぐに消費者によって使用されるとは思わないと言ったと報告しました

言い換えれば、彼は大量採用が行われるとは考えていません。

ニューヨークのエコノミッククラブでの新しいインタビューで、ブラッドガーリングハウスは、暗号資産の主要な最初のユースケースは企業の国境を越えた支払いの世界にあると考えていると述べています。

リップルが第3四半期の売上を大幅に削減

Rippleが2019年第3四半期に販売したXRPの量を減らしたことが報告されています。

リップルは、第3四半期のXRP市場レポートで、第2四半期の2億5,151万ドルに対して、6,624万ドルを売り上げたと述べました。

Rippleは、XRP保有分の一部を機関および暗号取引所にも販売するようにしました。Q2の統計と比較したRippleのQ3統計を確認できます。

毎月、リップルはエスクローから100万のXRPをリリースし、暗号の一部を販売し、残りは新しいエスクローアカウントに戻されます。

とにかく、Rippleがリリースした完全なレポートをご覧になることをお勧めします

これ以外に、RippleはXRPの使用の拡大を後押ししており、同社が行っ最新の動きにはAsheesh Birlaが関係しています。

彼はRippleの製品担当上級副社長であり、Bitsoの取締役会に加わり、アルゼンチンやブラジルなどのいくつかの新しい地域に拡大する際の交流もサポートします。 

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-slashes-xrp-sales-to-institutions-and-exchanges-in-q3/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。